日本初のノート用Ryzen搭載ノートPCがレノボより。「速く軽く手頃」を体現する9万円以下で13.3型、1.14kg

日本初のノート用Ryzen搭載ノートPCがレノボより。「速く軽く手頃」を体現する9万円以下で13.3型、1.14kg
レノボ・ジャパンが13.3インチフルHD画面で約1.14kgのモバイルノートPC『ideapad 720S』の新モデルを発表しました。特徴はCPUとGPU部に、日本で発売されるノートPCとしては初となるAMDの『Ryzen Processor with Radeon Vega Graphics』(通称Ryzen Mobile)を搭載する点。
同社直販限定モデルで、受注開始は2月23日から。価格は8万8320円から13万515円(税別)です。

Ryzen Mobileは、とくにグラフィックス(GPU部)において、対抗するインテル製CPUに比べて高速なことから、PCのヘビーユーザーから大きな注目を浴びているAPU(GPU搭載CPUのAMD呼称)。本機はこれを日本で人気の高い13.3インチの軽量ノートPCに搭載した注目機です。

さて、本機が気になる方であれば大きな注目点であろうRyzen Mobileの性能に関してですが、AMDの公式発表では、CPU部は本機下位モデルに搭載される『Ryzen 5 2500U』でもインテルの高級クラスCPU『Core i7-8550U』に対抗でき、上位の『Ryzen 7 2700U』であれば1.3倍前後高速というもの。

GPU部はさらに性能が高く、本機の上位モデルに搭載される『Ryzen 7 2700U』ならば、代表的ベンチマーク『3Dmark』のTime SpyテストではCore i7-8550Uに対して約2.6倍のスコアを記録。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

Engadget 日本版の記事をもっと見る 2018年2月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。