日本仕様のローコストスマートロック「SESAME mini」がMakuakeで先行発売

日本仕様のローコストスマートロック「SESAME mini」がMakuakeで先行発売
日本国内では2015年に一般発売が始まったスマートロック。自宅の玄関扉やオフィスのエントランスの扉に取り付けることで、スマホでの鍵の開閉を可能にするIoT製品だ。ハブとなる機器を室内に別途設置しておけば、遠隔での解錠/施錠ができる製品もある。

国内では、フォトシンスの「Akerun」、ライナフの「Ninja Lock」、ソニー子会社が手がける「Qrio」などが有名だ。発売当初はアーリーアダプターの個人利用も多かったが、現在ではそのブームも落ち着いた感がある。というのも、いずれの製品も1万円以上の価格設定となっており、個人が気軽に手を出せる製品ではなかったからだ。

その後、Akerunの開発元であるフォトシンスは、入退室システムの提供やFeliCa対応、レンタル利用など法人重視の戦略を採ることで事業を拡大し、今年5月には総額10億円、累計15億円の資金調達に成功している。現在Akerunは、2500社超の法人で導入されているそうだ。

このように法人需要が高まる中、CANDY HOUSE JAPANは8月28日、米国発のスマートロックである「SESAME」(セサミ)を日本の住宅事情に最適化させ、「SESAME mini」としてMakuakeにて、Makuake限定価格の9800円で10月30日まで販売することを発表した。なお、先着50名はさらに1000円割引の8800円となる。SESAMEは、2015年にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で1.4億円の資金調達に成功。北米や欧州、アジアで販売され、2017年秋には日本にも上陸し、世界合計で5万台超が使われているという。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

Engadget 日本版の記事をもっと見る 2018年8月28日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。