Steam VRにフレーム落ち補完技術「Motion Smoothing」。安価なPCでも表示をスムーズに

Steam VRにフレーム落ち補完技術「Motion Smoothing」。安価なPCでも表示をスムーズに
ゲームプラットフォームSteamを運営するValveが、Steam VRに「Motion Smoothing」と称する機能を導入しました。まだベータ版という扱いながら、性能の低いPCでもなめらかなVRコンテンツ再生を可能にする有望な技術です。
PC環境でVRヘッドセットを使う場合、ゲーム・コンテンツが非常に高い解像度や3D効果、高いフレームレートでレンダリングする必要があるため、比較的高いハードウェア性能が要求されます。もし、性能が足りずにヘッドセットが必要とする時間内に次のフレームを描画できなければ、それはフレーム落ちとなり、フレーム落ちが連続して発生すれば、ユーザーの没入感覚をそいでしまうことになります。

Steam VRのMotion Smoothing技術は、このフレーム落ちを検出すると自動的に起動し、フレームレートを半分に落としてCPUの負荷を下げるとともに間引かれたぶんのフレームを自動補完して、見かけ上は処理落ちが発生していないように表示します。Steamは、この技術がPCの性能要件を引き下げ、低価格PCでもスムーズなフレームを表示できると説明します。

残念ながら、この機能はNVIDIA GPUおよびWindows 10を搭載するシステムと、HTC ViveまたはVive Proほか、OpenVRの対応ヘッドセットでのみ動作するとのこと。ただ、Oculus Riftには同様の機能としてAsynchronous Spacewarpが用意されています。なお、この機能はまだベータ版であり、ユーザーは思ったようにMotion Smoothingが動作しない場合はこの機能をオフにすることもできます。

あわせて読みたい

Engadget 日本版の記事をもっと見る 2018年10月20日のIT記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。