HKT48のカメラガール・豊永阿紀が語るフィルム写真の魅力「感情や空気感までもを写し出す」

HKT48のカメラガール・豊永阿紀が語るフィルム写真の魅力「感情や空気感までもを写し出す」
拡大する(全1枚)
カメラ女子として知られるHKT48の豊永阿紀。独特のセンスや文才が光り、最新シングル『君とどこかへ行きたい』でも選抜メンバーに抜擢された。若い頃から一眼レフとふれあい、最近はフィルムの撮影にハマっているというが、豊永にとって、写真を撮る意味とは…?

【写真】豊永阿紀が撮影した写真作品

ーー豊永さんとカメラの出会いは?

豊永 父が撮影業をやっているので、生まれたときからカメラが家にたくさんある環境だったし、いつでも貸してもらえたんです。最初に借りたのは中3のときだったかな? 本格的に撮りはじめたのは高校生になってからです。

ーープロの機材ってことですよね?

豊永 はい、一眼からのスタートなので、めちゃくちゃ恵まれていますよね。

ーー小さい頃からお父さんに写真をいっぱい撮ってもらっていた、とか?

豊永 よく言われるんですけど、そういう記憶がまったくないんですよね。カメラマンの親を持つ人のあるあるだと思います。ただ、このあいだハッと気づいたことがあって。私、小さい頃、家中のタンスの棚を開けてまわるのが好きだったんですけど、そのとき「謎の物体」がたくさんあったんですね。

今になって思えば、あれって写真のネガだったんだなって。ひょっとしたら現像されていないだけで、あの大量のネガの中に私の写真が眠っているのかもしれませんね。

ーー女の子がカメラを持って、というと、風光明媚な場所に撮影旅行に出かけて、みたいな印象があります。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク