ももクロ・あーりん主催のフェスで「見つかった」HKT48地頭江音々「次は単独で武道館に立ちたい」
拡大する(全1枚)
ももいろクローバーZの佐々木彩夏が主宰するアイドルフェス『AYAKARNIVAL2021』が11月17日に日本武道館でおこなわれ、大成功で幕を閉じた。たくさんのアイドルが出演する中、圧巻のパフォーマンスで観客をざわつかせたのが、HKT48の地頭江音々。武道館で「見つかった」彼女に、ライブ後直撃インタビューを敢行。小学校の頃から憧れだったという佐々木彩夏と同じステージに立った気持ちを聞いた。また、『AYAKARNIVAL2021』はLINE LIVEで配信されており、12月17日までアーカイブが視聴可能となっている。(前後編の後編)

【前編はこちら】ももクロ・あーりん主催のフェスで「見つかった」HKT48地頭江音々「次は単独で武道館に立ちたい」

【写真】AYAKARNIVAL2021で佐々木彩夏とHKT48がコラボ

『AYAKARNIVAL2021』でのHKT48は、1期生と2期生がいない若手だけでの特別なチーム編成。若手だけ、といいつつもセンター経験者が3人もいる(田中美久松岡はな、運上弘菜)。そのあたりにHKT48の層の厚さを感じずにはいられないが、キャリアが短い渡部愛加里(ドラフト3期生)と石橋颯(5期生)はまさにフレッシュだが、5年目を迎える4期生の地頭江音々と豊永阿紀は、いささか立ち位置が難しい存在でもある。だが、その2人がコラボ曲でがっつりと爪痕を残してみせた。

この日HKT48が披露したももいろクローバーZの楽曲は、『サラバ、愛しき悲しみたちよ』。多くの観客が抱いているHKT48のイメージを覆すようなパフォーマンスで圧倒してみせたのがセンターの地頭江音々。そしてこの曲の聴かせどころである後半の