永尾まりやがソバージュに…“昭和”がテーマの最新写真集「飛び抜けて面白いことをやらないと意味がない」
拡大する(全1枚)
1月20日に、“昭和”をテーマにした4th写真集『ヤバイ!まりや。』(ワニブックス)を発売した女優の永尾まりや。令和の今、なぜ“昭和”をテーマに選んだのか、写真集にこめたこだわりと、グラビアの楽しさを語る。

【写真】美しさ増し続ける、永尾まりや撮りおろしカット【10点】

──1月20日に4th写真集『ヤバイ!まりや。』(ワニブックス)が発売されました。本作は、2nd写真集『マブイ! まりや。』の続編なんですよね?

永尾 そうですね。2ndでデコトラに乗っていた田舎のヤンキー少女が大人になって、東京のキャバクラやクラブに勤め出して、最後は銀座スナックのママに落ち着く……みたいな、ザックリとしたストーリーはあります。ただ、続編ということで本作のお話をいただいたわけではなくて。タイトル含め、2ndとの繋がりは撮影中の話の流れで決まりました。「前回は“マブイ!”だったから、今度は”ヤバイ!”でいいんじゃない!?」って(笑)。

──絶妙に語彙力が下がっていて、いいタイトルですね(笑)。

永尾 「タイトル適当じゃない?」って言われますが、本当に勢いで付けちゃったので何とも言えません(笑)。「次は”もっとヤバイ!”にする?」なんて話もしていたくらいです。とはいえ、またワニブックスさんから写真集のお話をいただけたのはうれしかったですね。何と言っても写真集は、好きなコンセプトに挑戦して、自分自身を自由に表現できる特別なモノですから。形として手元に残りやすいのも、写真集が一番ですしね。