プロレスが変えた人生、アプガ(プロレス)らく「ずっと死んでた人生が、やっと生きられた」
拡大する(全1枚)
2017年にDDTプロレスとアップアップガールズがタッグを組んで結成された「歌って、踊って、闘える」アイドル・アップアップガールズ(プロレス)。結成当初、メンバーとして選ばれた3人も、アイドルとプロレスの両立、というその意味を真に理解していたとは言い難かった。それでも5年の間、リングとステージに真摯に向き合った彼女たちは確かに人生を変えた。メンバー3人に聞いたそれでもプロレスを続けた理由…1回目は、加入前はプロレスを見たこともなかったという「らく」のインタビュー。

──アップアップガールズ(プロレス)は、2017年8月にDDTプロレスリングとアップアップガールズとのコラボで“歌って、踊って、闘える”最強のアイドルを目指すグループを結成するというオーディションから誕生しました。そもそもらくさんがアプガ(プロレス)のオーディションに応募したきっかけを聞かせてください。

らく ネットでオーディションを見つけたんです。その頃いろんなアイドルのオーディションを受けていて、受かったのがアプガ(プロレス)だったんです。アイドルとプロレスを両方やると書いてあるのはわかったいたんですが、私はプロレス自体を知らなかったんです。

──プロレスの知識は全くゼロでしたか?

らく ハイ。プロレスは見たこともないし、リングで戦うとかも知らなかったんですよ。当時、私は19歳で年齢的にもアイドルをやるのに焦っていて、プロレスをあまり知らずにとにかくやってみようと思って入ったんです。