「完全燃焼のライブをもっと多くの人に見てもらいたい」大阪☆春夏秋冬が振りかえる『BEAT』大阪公演

「完全燃焼のライブをもっと多くの人に見てもらいたい」大阪☆春夏秋冬が振りかえる『BEAT』大阪公演
今回の緊急インタビューに答えてくれた舞奈、由奈、杏菜(左から)
 大阪☆春夏秋冬(しゅかしゅん)がこの夏に勝負を懸けた東阪2大ワンマンライブの『BEAT ~鼓動~』。8月11日にはその初陣となる大阪公演がなんばHatchで開催され、グループ史上最多となる600人の観衆を熱狂させた。【ライブ詳細】雑草のように強く生きる決意を見せた! 大阪☆春夏秋冬ワンマンライブ『BEAT』大阪公演レポhttp://www.entamenext.com/news/detail/id=1831 エンタメNEXTでは大阪公演を終えたしゅかしゅんから、舞奈、菜、由奈の3人に直撃インタビューを敢行。同ライブの手応えや反省点、そして8月21日に控える東京公演に向けての展望などを聞いてきた。――ワンマンライブお疲れ様でした! まずは今回の手ごたえについて教えてください。舞奈 最初ステージに出た時、お客さんめっちゃ入ってるなあって思ったんですけど、でべその前まで行ってみたら客席に空間があったので、悔しいという気持ちはメンバー7人とも感じました。でも後から考えてみたら、大阪ではここまで大きな会場で演ったことがなかったし、この冬には少し停滞の時期もあったので、自分たちがいま大阪で集められる人数はこれくらいなんやっていうのを改めて実感しました。杏菜 始まる前には人影も感じられなくて、ざわざわも聞こえなかったんですよ。控室のモニターは消してましたし、舞台袖まで行っても何も感じられなくて、「ほんまに人、来てるんかな?」みたいな感覚やったんです。ライブが心音から始まったんですけど、「うぉーっ!」っていう歓声が挙がって、それを聞いたらその時点でもう半泣きになりました。舞奈 早すぎや!(笑)杏菜 今回はもう、来てくださったみなさんの優しさにやられました。由奈 でも会場が広すぎるせいか、ライブハウスの響きとはまた違くて、ステージに向かってくる声の圧がいつもより少ないように感じました。天井が高いからか上にも声が逃げていたのかな。舞奈 だからこそ、なんばHatchではパンパンに集めないと、ステージまで声の圧が届かないのかなって。――今日のライブでは持ち曲のほぼすべてを出し切りました。由奈 カバー曲とかワンマンでしか演らない曲もあるし、バラードも対バンライブでは何曲もできないから、『ロミオ』は『JUMP』(6月の単独公演)でも演らないでこのワンマンに残していたんです。杏菜 TIFではぜひ『ロミオ』を演りたかったんですけど、それもガマンしておいたんです。由奈 だから『ロミオ』のイントロが流れた時は自分でもちょっと感動してしまいました。――カバー曲といえば『Kill the King』から『モンキーマジック』の連発で、ファンのほうも「きたーっ!」っとなっていたと思います。由奈 待ってました感がありましたよね! 『モンキーマジック』ではファンの皆さん、今までで一番跳んでたんちゃう?舞奈 サビのところでしゅかしゅんと一緒に会場の皆さんも跳んでくださっていて、めっちゃ嬉しかったです。――今日はMCがほとんどなく、去年のワンマン『ハチハチ』でMCがすごく長かったのとは対照的です。舞奈 ハチハチでは恵園ちゃんがすごくしゃべってくれて、おかげで恵園が「吉本に見つかった」って言われてて(笑)杏菜 MC自体がひとつのコーナーになってたんで、すごく長かったんですよね。今年は曲数も増えたので、MCよりもパフォーマンスを観てもらおうって。しゅかしゅんのいいところを、よりギュッと詰め込んで見せられるライブだったんじゃないかなって思いますね。由奈 最近は対バンライブでも、MCを最後に持ってくるスタイルなんですよ。舞奈 私のノドが以前よりも強くなっていて、MCで休憩を入れなくても歌い続けられるようになったので。最近は何曲でも、ちょっと水を飲むだけでいけるって感じですね。以前に比べて加減が分かるようになってきました。――ノンストップのライブだと「MCまだ?」とお客さんが辛くなることもありますが、今回のライブではMCなしがまったく気になりませんでした。杏菜 ホンマですか~!?舞奈 聴いててもしんどくならないってことですよね? 嬉しいわあ。由奈 リハーサルでは、まるまる通してのリハってあまりなかったんですよ。舞奈 リハのたびに全曲まるまる歌っていたらノドがもたないので、歌わないでフォーメーションを確認したりしていました。杏菜 今回のライブは2時間20分もあったのでめっちゃ不安やったんですけど、いざ本番を演ってみたらホンマに一瞬やって。気づいたら『プラズマー』(本編ラスト)で、「え、もうタオル取りに行くの? もう終わるやん!」って。そこでちょっと寂しくなったりして(苦笑)。――6月の単独公演『JUMP』はもっとギュッと詰まった感じでした。杏菜 今回の『BEAT』はしゅかしゅんの総集編になっているんです。舞奈 去年のワンマンより、自分たちの出来ることを全部出しきった感じがしますね。杏菜 しゅかしゅんの引き出しも増えたしな。由奈 表現力も上がったと思うで。舞奈 それに去年とは、人との関わり方が全然違うんです。支えてくださっている方たちの人数がめっちゃ増えてますし。杏菜 ファンの方も増えてますし、今日のライブでもビデオカメラが入ってくださったり。舞奈 それでも「しゅかしゅんはインディーズ」って書かれたりするのは悔しいなあ。――ステージではでべそ(短めのランウェイ)を効果的に使っていました。由奈 豊洲PITあったじゃないですか(6月4日の

あわせて読みたい

気になるキーワード

エンタメNEXTの記事をもっと見る 2016年8月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「夏帆」のニュース

次に読みたい関連記事「夏帆」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「木村佳乃」のニュース

次に読みたい関連記事「木村佳乃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「坂口健太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「坂口健太郎」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。