AKB48グループ卒業生が語る「元アイドルという名の十字架」

AKB48グループ卒業生が語る「元アイドルという名の十字架」
かつてAKB48グループに所属していた少女たちは、卒業から数年が経ち、大人の女性となった今、どこで何をしているのだろうか? 卒業後どんなことを考え、どんな壁にぶつかり、今笑顔で日々を送っているだろうか? AKB48グループの卒業生ら8人に取材した本『アイドル、やめました。AKB48のセカンドキャリア』(宝島社)が5月23日(木)に発売される。

著者は自身も48グループの一員として2011年にNHK紅白歌合戦のステージに立った経験を持つ元SDN48メンバーの大木亜希子。2012年のグループ解散後、一時は芸能活動も続けるも、将来への不安が拭えない日々を過ごす。生活費を稼ぐため、清掃業などの単発のアルバイトを経て、2015年ウェブメディアの編集部に入社。ライターとして記事を執筆し始め2018年に独立、フリーのライターになったという異色の経歴を持つ。彼女に「AKB48のセカンドキャリア」をテーマに本を執筆しようと思ったきっかけから8人のOGへの取材を通して感じたことを聞いた。

──著書の中にも書かれていますが、改めて「AKB48のセカンドキャリア」をテーマに本を執筆しようと思った理由から聞かせていただけますか?

大木 私はSDN48を卒業して、少しの地下アイドル活動を経て会社員になったんですけど、就職した後もいつまでも“元アイドルの十字架”がついて回ることに気づいたんです。普通の会社員として働いていても、時には元アイドルという色眼鏡で見られてしまうこともあるし、反対に自分自身も元アイドルということを人に明かすことで何かしらステータスを感じてしまう時があったんです。そういうことも含めて世間の人に元アイドルのセカンドキャリアを正しく伝える使命がライターとしてあるんじゃないかって思ったんです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

エンタメNEXTの記事をもっと見る 2019年5月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュース

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。