東京女子流 8年ぶりの中野サンプラザへ「今のチームワークなら絶対に良いものを届ける自信がある」

──中江さんもライブ自体は、それほど緊張しなかったんですか?

中江 正直、あんまり覚えていないんです。当時、どんな気持ちでできていたんだろうって不思議で、逆に今の方が緊張すると思います。

──確かに結成2年目で、しかもメンバー全員が中学生だと、中野サンプラザでワンマンをやることのすごさも実感できないですよね。

中江 そうなんですよ。「ここは広い会場だなぁ」ぐらいの気持ちでした。

新井 よく2011年の時点で立たせてもらえたなって今となっては感謝の気持ちしかないんですけど、当時は「元気に頑張ろう」ぐらいの軽い気持ちで臨んでいました。この9年間で女子流も、いろんなことを考えられるようになったんだなって思います。

──ライブパフォーマンスで印象的だったことは?

中江 「CONCERT*02『Christmas Live 2011』」と題して、クリスマスというテーマでサンタさんの恰好をして、SPEEDさんの『White Love』、山下達郎さんの『クリスマス・イブ』をカバーさせて頂いたんです。

──2曲とも、かなり難しいカバー曲ですね。

中江 大事なワンマンで、よくやれましたよね(笑)。そのときもバンドセットだったので、バンドさんにアレンジして頂きました。その他にも客席からお客さんを呼んでステージに上げるという趣向もあったんですけど、当時はスタッフさんに構成を全て考えて頂いていたんですよね。今回も同じくバンドセットですけど、今の女子流は「自分たちはこうしたい」って意見も取り入れて頂いているのでプレッシャーはあります。それだけ今は考える幅が広くなって、大きなステージでどうしたいかを4人でも話し合えるようになりました。なので楽しみと緊張は当時よりも大きいです。

この記事の画像

「東京女子流 8年ぶりの中野サンプラザへ「今のチームワークなら絶対に良いものを届ける自信がある」」の画像1 「東京女子流 8年ぶりの中野サンプラザへ「今のチームワークなら絶対に良いものを届ける自信がある」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

中江友梨のプロフィールを見る
エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「中江友梨」に関する記事

「中江友梨」に関する記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク