『トラペジウム』が平成生まれが買った本1位獲得 乃木坂46 高山一実「私を作った本」を語る

『トラペジウム』が平成生まれが買った本1位獲得 乃木坂46 高山一実「私を作った本」を語る
乃木坂46高山一実の初小説『トラペジウム』が2019年上半期「平成世代が買った本」1位を獲得した。それを記念し19日(水)、東京・六本木のブックカフェ「文喫」にてトークイベントを開催した。

アイドルを目指す少女の10年間を瑞々しく綴った青春小説『トラペジウム』(KADOKAWA)。昨年11月の発売以来重版を重ね、今年2月には20万部を突破していた。今回、日本出版販売が発表した「2019年上半期文芸書ベストセラー」では3位にランクインし、「平成世代が買った本」ではベストセラー1位を獲得した。

トークイベントでは今年3月に紀伊国屋新宿本店で開催されていた「高山一実記念館」で実施されていた企画「高山一実を作った20冊」について高山自身が語る場面もあった。

本を読むきっかけになった湊かなえの作品については「本当に湊さんがきっかけで今の私があるので、『少女』は私の中では殿堂入りです。本をまだ読んだことのない方は、最初に読んでほしいなって思います」と語った。

『少女』は、『告白』で本屋大賞を受賞した湊かなえの2作目の書き下ろし小説。それぞれ別の理由で人が死ぬ瞬間を見てみたいと考えた女子高生2人が、死の瞬間に立ち会おうと、老人ホームと小児科病棟へボランティアに行く、少女たちの衝撃的な夏休みを描いた長編ミステリーだ。

また『トラペジウム』執筆中に刊行された湊かなえの『未来』については「(執筆中の)『トラペジウム』を全てになかったことにしたいぐらい、自分の伝えたいメッセージを伝えてくださっているって思ったんです。その感想を(対談で)湊さんに伝えさせていただいた時に、“絶対に発売するべき”っておっしゃっていただいて、その言葉が糧になりました。9割書き終わっている時だったんですけど、あとの1割は湊さんに背中を押していただいたなと思っています」と『トラペジウム』執筆中のエピソードを交えてその素晴らしさを語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

エンタメNEXTの記事をもっと見る 2019年6月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュース

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。