コスプレイヤーとして活躍中の水瀬あいりさんが5月20日(月)、自身のXにて川原礫によるライトノベル『ソードアート・オンライン』より、シノンのコスプレを投稿。水瀬さんに話を聞いた。


【写真】水瀬あいりさんのコスプレカット【3点】

普段は名古屋を拠点に、趣味の範囲内でコスプレ活動を行っている水瀬さんは「基本的にはスタジオでじっくり時間をかけて、こだわった写真を撮影することが多いです」と言い「イベントへの参加はその場所に似合うキャラクターのコスプレがしたいと思った時に参加しています」と教えてくれた。

この日は名古屋で5年ぶりに開催された「ホココス2024~南大津通歩行者天国COSPLAY~」へ参加していたそうで、「ずっと開催を心待ちにしていました。実は一番好きなコスプレイベントです」と回答。同イベントは開催の前日に歩行者天国の中止が発表されていたことから「今回はあいにくの天気で、残念ながら歩行者天国は中止となってしまいましたが、歩行者天国で様々なコスプレイヤーさんが並ぶ姿は、見ているだけで楽しい気持ちにさせてくれる素敵なイベントです」と口にしてくれた。

そんな水瀬さんは「ホココス」への参加は今回が3回目。過去に参加した同イベントについて「5年前に参加した時は、まだコスプレを始めて1ヶ月の初心者だったので、とても思い入れのあるイベントです」と振り返っていた。


型狙撃銃「へカートII」(シノンの愛用している銃)を持ったシノンのコスプレをもともとやりたかったそうで、「正直、武器は重量もあり、かさばるので中々イベントに出すのは難しいんですよね。でも、『ホココス』なら、コスプレエリアも広いので、周囲の迷惑にもならずに持って行けると思って決めました」とキッカケを語ってくれた。

衣装へのこだわりを伺うと、「自分の体型にぴったりフィットしたもので、布ではなく合皮が良かったんです。本当に妥協はしたくなかったので、色んなメーカーから5着ほど購入しました。その中で1番納得いく衣装を使っています」と説明。シノン愛用の「へカートII」については、「スコープは実際に覗ける仕様が絶対条件だったので、本物のスコープを使って制作していただいたものです」と、こだわって制作してもらっているようだ。


撮影中のポージングも意識していたとそうで、「シノンらしいポーズをするために、フィギュアやアニメの映像など何度も確認をして、再現しているつもりです」と話してくれた。

【あわせて読む】150㎝ Hカップの次世代コスプレイヤー「私の武器である胸を活かせるデザインがお気に入り」