コスプレイヤーとして活動している東雲れなさんが5月12日(日)、自身のXを更新。冨樫義博氏による漫画『HUNTER×HUNTER』より、シズク=ムラサキのコスプレ写真を投稿。
東雲さんに話を訊いた。

【写真】お腹の蜘蛛のタトゥーも再現、東雲れなさんのコスプレカット【5点】

普段は、写真・コスプレ・イラスト好きが集まる大阪に店を構える「cafe & Bar BIS」で働きながらコスプレ活動をしている東雲さん。「働いている時は私服なんですけど、3~4ヶ月に1回くらいの頻度でコスプレをしています。寒いのが苦手なので季節によっても変わるかも」と教えてくれた。

東雲さんは、大阪で5年ぶりに開催された関西最大規模のコスプレイベント「日本橋ストリートフェスタ2024」(通称ストフェス)に、『HUNTER×HUNTER』に登場するシズク=ムラサキのコスプレで参加。「久しぶりのストフェスは楽しいですね」として「全国から集まるコスプレイヤーさんや、カメラマンさんと交流できるのも嬉しい」と明かしてくれた。


衣装は通販で買ったそうで「今履いているデニムは特徴的な形なので、在庫があまりないんです。頑張って探してなるべく原作に近い形のものを選びました」と口に。また武器については「このキャラクターは具現化系能力を持っていて、デメちゃんという掃除機を出して、指示したものを全部吸ってくれる武器なんです」と説明し、続けて「この掃除機、Barのお客さんが作ってくれたものなんです」とも答えてくれた。

コスプレを始めたキッカケについては「実は小さい頃からコスプレイヤーに憧れていたんです」と告白。「今は公式コスプレイヤーに憧れているんですけど、普段しているコスプレのジャンルって公式レイヤーを呼ぶイベントがあまりなくて…」とのことで、「私がコスプレをすることで『このアニメ知らないけど、れなちゃんがコスプレやってるから、見てみようかな』と思ってもらえるキッカケになれば嬉しいです」と打ち明けてくれた。

【あわせて読む】150㎝ Hカップの次世代コスプレイヤー「私の武器である胸を活かせるデザインがお気に入り」