そんな小島記者が『憧夢超女大戦 25年目の真実』の増刷を記念して、3月1日(日)に巣鴨の『闘道館』でトークイベントを開催する。ゲストは“邪道姫”こと工藤めぐみ、そして90年代後半に“かわいすぎる女子プロレスラー”として写真集やイメージビデオまで発売された究極のアイドルレスラー・府川唯未のふたり。活躍していた期間が微妙にズレているため、同じ90年代を彩ったアイドルレスラーなのに、リングで対峙したことはない。まさに令和の時代に待望の「初対決」が実現することになる。

もちろん試合をするわけではないが、至近距離で時代を代表するアイドルレスラーを見ることができ、さらにトークショー終了後には夢の3ショットまで撮影できるというのだから、もはや『神イベ』の予感しかしない!

「今回の本に証言者として登場していただいた山本雅俊さん(元JWP代表)から『元女子プロレスラーを招いてイベントをやりませんか?』というお話があったときに『ゲストに府川さんを考えています』と言われて、これは面白いな、と。前回のイベントでも、工藤めぐみさんにはお話を聞ききれなかった部分もあるので、こういう座組になりました。

週プロ時代、僕は試合記事以外にも女子プロレスラーの企画ページやグラビアも担当してきて、特にこのふたりはいろんな企画をやらせていただきました。他の女子プロレスラーからは『試合よりもグラビアのページ数が多いとはなにごとだ!』とキレられたりもしましたが、間違いなく読者が求めていたものだったし、新しいスターを作るためにはアイドルレスラーを“ビジュアル推し”するのは必要なことだったと思っています。

この記事の画像

「朝長美桜の卒業がきっかけで実現!? 平成最強のアイドル女子プロレスラー・工藤めぐみvs府川唯未“超絶”トーク」の画像1 「朝長美桜の卒業がきっかけで実現!? 平成最強のアイドル女子プロレスラー・工藤めぐみvs府川唯未“超絶”トーク」の画像2