AKB48 総監督・向井地美音&新センター・山内瑞葵(2)「いろいろ挑戦して話題に事欠かない年に」

AKB48 総監督・向井地美音&新センター・山内瑞葵(2)「いろいろ挑戦して話題に事欠かない年に」
拡大する(全1枚)
本日18日(水)に57thシングル『失恋、ありがとう』をリリースしたAKB48。新センターに16期生の山内瑞葵を迎え、グループの新章が幕を開けようとしている。今回は、先日公開された(1)に続き、2020年のAKB48について語ってもらった。
>>(1)はこちら

──1月26日に山内さんはTDCホールでソロコンサートをやりました。センターに指名された直後、どんな気持ちで臨んだんですか?

山内 センターの発表があったときにはもうすべての準備が終わっていたので。セットリストもセンターを目指したいって気持ちで作っていて。

向井地 センターって知ってたら、魔法使いはやらなかった?

山内 そこはやります(笑)。

──実は魔法が使えたという内容のコンサートでしたもんね。

山内 こういう機会じゃないとできないと思うから絶対やりたいなって。最初はファンの方に魔法をかけたり、空を飛ぶとかして、魔法を使いすぎだって、海に落とされちゃうんです。そこで『回遊魚のキャパシティ』や、『ALIVE』のような試練を乗り越えるような曲をやって。

──『君はメロディ』が気になったんですが、あれはなぜセットリストに入れたんですか?

山内 私が尊敬している宮脇咲良さんのセンター曲で、ずっとやってみたいと思っていて。あと『恋するRibbon!』も、私はリボンが大好きで、去年のリクアワでHKT48さんが歌っているのを観ていいなと。

当時の記事を読む

エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「AKB48」に関する記事

「AKB48」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「AKB48」の記事

次に読みたい「AKB48」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク