関智一「声優業界は椅子取りゲーム」業界の厳しさを語る

また、周りから求められる“かっこいい芝居”と自分が目指す “汚い芝居”とのギャップに悩んでいたことも明かし、経験を通して「ハートも感じさせたいし、ニーズに応えるお芝居もできるようにしたい」と、プロの声優として目指す道に気づいたことを語った関。今では想像のつかない関の葛藤に、畠中は「そういう悩みが若い頃あったんですね」と驚きの声。

また、「“うまい芝居”っていうのがわからないんですよ。ものすごく整った上手さもあれば汚いうまみもあるし…」と悩みを打ち明け、深みのある芝居について尋ねた畠中。畠中からの本気の相談に、関は自身の経験も交えながら「最近は日本語に気をつけている」「この役が何が言いたいのかっていうのがブレちゃうと、ノリでやってるだけになっちゃうから、そこは見失わないように、この言葉はどこにかかっているんだろうとか、気にするようにしてる。どの言葉も絶対に目的があるから」とアドバイス送った。

そして話題は、常に役を取り合う声優ならではの悩みについてへ。アニメの役について、年長者や高齢のキャラクターが限られることから、年齢が上がっていくことに役が少なくなっていくことを話す関は、「椅子取りゲームだよね」と例え、その少ない席を争う声優業界の厳しさを語る。そうして、長く声優業界で活躍することの難しさや不安を明かしつつ、「仕事を呼んでもらえるような何かを、常に高めていかないといけないと思うよね」と語った関。今もなおハングリー精神を見せる関に、畠中は深く相槌を打ちながら、熱い芝居論に耳を傾けていた。

©AbemaTV,Inc.

この記事の画像

「関智一「声優業界は椅子取りゲーム」業界の厳しさを語る」の画像1 「関智一「声優業界は椅子取りゲーム」業界の厳しさを語る」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

関智一のプロフィールを見る
EntamePlexの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「関智一」に関する記事

「関智一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「関智一」の記事

次に読みたい「関智一」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク