長谷川博己vs岡田将生、リアルな警察ドラマで出世を争う

長谷川博己vs岡田将生、リアルな警察ドラマで出世を争う

警察組織を舞台に、人間の出世欲や権力欲、正義とはなにかを描くドラマ『小さな巨人』がTBSの4月期の日曜劇場でスタートする。

日本全国にいる警察官の数は約30万人。その内4万人もの厳しい競争率を勝ち抜いて選ばれた精鋭たちが“警視庁”勤務となる。と言いながら、警視庁の警察官は、俗に言うノンキャリで東京都の地方公務員になる。キャリアと言われているのは警察庁で全国の警察を指揮監督する国家公務員のことを指し、年に15人ほどしか採用されていない超エリートだ。この超エリートに歯向かうノンキャリアは皆無と言われており、逆に、警視庁の内部にこそ“平等”という名の“えこひいき”が存在している。
東京では、1年間で約16万件の刑事事件が発生する。その事件を都内にある102の所轄がそれぞれ担当するが、ときには所轄だけでは手に負えない重大事件が発生。その事件を担当するのが、警視庁が誇る精鋭集団であり、東京の治安を根底から支えている「捜査一課」だ。そして、警視庁4万人の現場警察官の頂点に立ち、捜査に関する全権力を掌握する最高の現場指揮官が「捜査一課長」。警視庁の中で、ノンキャリ最高峰のポジションが、「捜査一課長」。その地位にまで上り詰める方法は、人事。なぜなら、警察とは絶対的な階級社会であり、人事がすべてだからだ。警察では一年を通して様々な階級の昇任試験が行われ、倍率何十倍もの競争に勝ち残ることで階級を上げ、地位を高めていく。

あわせて読みたい

気になるキーワード

EntamePlexの記事をもっと見る 2017年2月27日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「安田顕」のニュース

次に読みたい関連記事「安田顕」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松田龍平」のニュース

次に読みたい関連記事「松田龍平」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「伊勢谷友介」のニュース

次に読みたい関連記事「伊勢谷友介」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。