初音ミク、鏡音リン、鏡音レン10周年アニバーサリー公演


11月29日、ボーカロイド楽曲をフルオーケストラで奏でる「初音ミクシンフォニー2017」の東京公演が開催された。

満員の東京国際フォーラム・ホールAに初めに響いたのは、昨年からフルバージョンに進化した公式テーマソング「未来序曲」。制作者であり、調声の名手として知られるMitchie Mが命を吹き込んだ温かみのある歌声、名曲のタイトルを歌詞に散りばめた、ボカロシーンへのリスペクトに溢れる歌詞、そして東京フィルハーモニー交響楽団による最高級のハーモニーが相まって、観客を初音ミクシンフォニーの世界に誘う。

ステージ上のスクリーンでは、KEIがメインビジュアルとして描き下ろしたドレス姿のミクがバイオリンを片手に歌い、オープニングに華を添えた。興奮も冷めやらないなか、続いて演奏されたのは、昨年も好評を博した「千本」(黒うさP)。ボーカロイド曲らしいエッジと、和のテイストが融合した言わずと知れた有名曲だが、壮大にアレンジされたフルオーケストラによる演奏を聴くと、あらためてその魅力に気づかされる。その後、大スクリーンには初音ミクが登場し、今年でめでたく10周年を迎えたことに対する感謝を伝えるとともに、楽団と指揮の栗田博文を紹介。

今年は主役であるミクが進行を務めることで、コンサートへの没入感がより増していた。「初音ミクの消失」から「初音ミクの激唱」(ともにcosMo@暴走P)へとつなぎ会場を温めた後は、初音ミクと同じく10周年を迎える鏡音リン・レンの楽曲メドレー。「炉心融解」(iroha)、「ココロ」(トラボルタ)、「悪ノ娘、悪ノ召使」(mothy_悪ノP)、 「ロストワンの号哭」(Neru)といずれ劣らない名曲をつなぎ、大阪公演の演奏をMitchie Mも絶賛していた「四季折の羽」(ひとしずく×やま△)、会場を一気に夏の夜に変える「Fire◎Flower」(halyosy)を披露して、アニバーサーリーイヤーを盛り上げた。

この記事の画像

「初音ミク、鏡音リン、鏡音レン10周年アニバーサリー公演」の画像1 「初音ミク、鏡音リン、鏡音レン10周年アニバーサリー公演」の画像2 「初音ミク、鏡音リン、鏡音レン10周年アニバーサリー公演」の画像3 「初音ミク、鏡音リン、鏡音レン10周年アニバーサリー公演」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

EntamePlexの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「初音ミク」に関する記事

「初音ミク」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「初音ミク」の記事

次に読みたい「初音ミク」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク