「自転車は自由だ!」 舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~公開ゲネプロ

「自転車は自由だ!」 舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~公開ゲネプロ
舞台『弱虫ペダル』公開ゲネプロ

コミックス累計発行部数1,400万部を超える大人気自転車漫画「弱虫ペダル」を原作とした、舞台『弱虫ペダル』シリーズの最新作、舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~。本作は2015年10月8日(木)、名古屋・日本特殊陶業市民会館 フォレストホールにて開幕、10月22日(木)より待ちに待った東京公演がスタートした。
その東京公演初日に先駆け、10月21日(水)にTOKYO DOME CITY HALLでゲネプロの様子が公開された。舞台写真と共に総北と箱根学園の白熱のレース模様をお届けしよう。


関連記事:舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~が待望の開幕!キャストよりコメントが到着


舞台版の第7作目となる本作は、総北・巻島裕介(廣瀬智紀)と、箱根学園(ハコガク)・東堂尽八(北村諒)の両エースクライマーを軸に物語が展開する。


「自転車は自由だ!」 舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~公開ゲネプロ
舞台『弱虫ペダル』廣瀬智紀


舞台はまず“頂上の蜘蛛男(ピークスパイダー)”こと巻島祐介と、“眠れる森の美形(スリーピングビューティー)”こと東堂尽八の過去が語られる。細長い手足を活かした独特の自己流ダンシング(立ち漕ぎ)で、部員から「キモイ」と孤立化する巻島。しかし、地道な努力によって巻島一年時の主将、寒咲通司 (安里勇哉)に見出され、レース出場。


「自転車は自由だ!」 舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~公開ゲネプロ
舞台『弱虫ペダル』北村諒


完全にノーマークだった巻島に抜かれ、リベンジを誓ったのは、「登れる上にトークも切れる!さらにこの美形!」のハコガク生、東堂尽八。対照的な二人が数々のレースで競う内に打ち解け、互いを認め合うライバルとなる。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る 2015年10月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら