唐十郎×蜷川幸雄第4弾!『ビニールの城』森田剛、宮沢りえ、荒川良々らで8月上演

唐十郎×蜷川幸雄第4弾!『ビニールの城』森田剛、宮沢りえ、荒川良々らで8月上演
004721.jpg

2016年8月に東京・Bunkamura シアターコクーンにて舞台『ビニールの城』の上演が決定した。本作は、1980年代を圧倒した劇団第七病棟の問題作かつ傑作の呼び声が高い作品。当時、廃館となっていた浅草の映画館・常盤座を劇場に選定し、本水を使用したスペクタクルな舞台として上演し、大きな話題を呼んだ。


関連記事:数々のミュージカルナンバーで魅了! V6・坂本昌行、初のソロ・コンサートレポート


作・唐十郎、演出・蜷川幸雄のタッグでは、これまで『下谷万年町物語』(2012年)、『盲導犬』、『唐版 滝の白糸』(2013年)を立て続けに上演してきた。今回も、30年以上の時を経て、蜷川が幻の戯曲を初演出する。


出演は、初主演映画『ヒメアノ~ル』が海外映画祭に選出され、V6としての活躍に留まらず俳優として評価を高めている森田剛。日本を代表する女優であり、唐×蜷川作品に欠かせない宮沢りえ。多分野において唯一無二の存在感を発揮、蜷川組初参加となる荒川良々。このほかにも、江口のりこ、大石継太、鳥山昌克、柳憂怜、石井愃一、金守珍、六平直政などの多彩な俳優陣が終結した。


上演決定にあたり、演出の蜷川と出演する森田、宮沢、荒川からコメントが届いている。


◆蜷川幸雄(演出・シアターコクーン芸術監督)
ぼくは唐さんの戯曲にさらわれた人間です。この「ビニールの城」も、豊かな詩的言語や時空を自在に超えるドラマツルギーに溢れている。
そして、ぼくにとっての唐さんの戯曲の凄さ、下々の人間たちの寂しく美しい姿も。
久々に一緒に仕事ができる森田くん、充実期を迎えますます輝くりえさん、その存在に注目をしていた荒川さんたち、才能豊かな俳優たちと共に、観客を遠くに連れ去りたいと思います。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エンタステージの記事をもっと見る 2016年4月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「宮本亜門」のニュース

次に読みたい関連記事「宮本亜門」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。