浅利慶太プロデュース『この生命 誰のもの』ゲネプロレポート!生きる尊厳を問う8度目の日本再演作品、開幕

浅利慶太プロデュース『この生命 誰のもの』ゲネプロレポート!生きる尊厳を問う8度目の日本再演作品、開幕
『この生命 誰のもの』ゲネプロレポート

浅利慶太プロデュース『この生命 誰のもの』ゲネプロレポート!...の画像はこちら >>

劇団四季で1979年に初演された『この生命(いのち)誰のもの』が、2016年6月4日(土)に浜松町・自由劇場で8度目の再演初日を迎えた。浅利慶太の演出・潤色により、前回の2013年公演より台本も短くし、よりリアルで丁寧なストレートプレイとなっている。キャストも、劇団四季、劇団俳優座、劇団昴などのベテランとフレッシュな若手が集まる。そのゲネプロに伺った。


関連記事:浅利慶太プロデュース公演『この生命誰のもの』2016年6月上演決定!


上演は20分の休憩をはさんだ2幕芝居。開始5分前には、客席の中央から浅利が「みんなリラックスしていけよ。変に頑張るんじゃないぞ」と声を飛ばす。


浅利慶太プロデュース『この生命 誰のもの』ゲネプロレポート!生きる尊厳を問う8度目の日本再演作品、開幕
『この生命 誰のもの』ゲネプロレポート_2


この舞台の主人公は、首から上しか動かすことができない。彫刻家だった早田健(近藤真行)は、明晰な頭脳と鋭い感性を持ちながらも、全身不随の交通事故患者である。回復の見込みはなく、希望が持てないまま、若い看護師をからかったりしながら努めて明るくふるまっている。そしてある日思う。「静かに死にたい」と。


浅利慶太プロデュース『この生命 誰のもの』ゲネプロレポート!生きる尊厳を問う8度目の日本再演作品、開幕
『この生命 誰のもの』ゲネプロレポート_3


しかし、主治医の江間(山口嘉三)は、早田の「退院したい=死にたい」という願いを退ける。命を救うのが医師の仕事であり、あくまでも延命治療をすべきだと主張する。


浅利慶太プロデュース『この生命 誰のもの』ゲネプロレポート!生きる尊厳を問う8度目の日本再演作品、開幕
『この生命 誰のもの』ゲネプロレポート_4


若き不遇の主人公・早田を演じるのは、若手俳優の近藤真行。かつては日下武史、石丸幹二、味方隆司などのベテランが演じた役に挑む。首から下はまったく動かさず、表情と首の動きだけで怒り、悲しみ、笑い、切なさなどを豊かに表現する。
対する江間医師を演じる山口嘉三は劇団昴のベテランである。「医の倫理」に従って、患者の意思を無視しても人命を優先させようとする。厳格で、権威を振りかざすように見えても、その主張は早田の人命を思ってのことだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク