劇団鹿殺し『名なしの侍』レポート!玉城裕規、鳥越裕貴、堂島孝平を迎え、名もなき人間の生き様を描く

劇団鹿殺し『名なしの侍』レポート!玉城裕規、鳥越裕貴、堂島孝平を迎え、名もなき人間の生き様を描く
005313.jpg

2016年7月16日(土)、結成15周年 を迎えた劇団鹿殺しによる時代劇『名なしの侍』が幕を開けた。生バンドと吹奏楽と時代劇を掛け合わせ、歌って踊る 「怒パンク時代劇」と銘打つ。メインキャストには、劇団員のほか、『曇天に笑う』で主演を務めた玉城裕規、舞台『弱虫ペダル』シリーズの鳴子章吉役で知られ、9月にミュージカル『刀剣乱舞』新作公演への出演を控えている鳥越裕貴、シンガーソングライターの堂島孝平を据え、戦乱の世に翻弄されながらも必死に生きていく、名もなき侍たちの生き様を描く。


(以下、作品の内容に一部触れています)


劇団鹿殺し『名なしの侍』レポート!玉城裕規、鳥越裕貴、堂島孝平を迎え、名もなき人間の生き様を描く
劇団鹿殺し『名なしの侍』ゲネプロ_2


数々の屍が横たわり、ただ風との音だけが響く桶狭間の合戦場に、一人の男(堂島)の歌が響く。ロックナンバー「名なしの侍」だ。そこに現れたのは、傷だらけの茂吉(丸尾丸一郎)。歌う男は「生き別れた弟を探しているんです」と言い、茂吉は「家族を殺した仇敵(あだがたき)を探している」と目を光らせる。


劇団鹿殺し『名なしの侍』レポート!玉城裕規、鳥越裕貴、堂島孝平を迎え、名もなき人間の生き様を描く
劇団鹿殺し『名なしの侍』ゲネプロ_3


時は少しだけさかのぼり、1547年。駿河の国の小さな道場に、戦で親を亡くした合戦孤児たちが身を寄せ合って生きている。元気いっぱいだが剣の腕はからきしの少年、伝助(玉城)。心優しい次郎(堂島)と頭の良い三郎(鳥越)の兄弟。楽しかったり、ケンカしたり、恋をしたりと、貧しいながらも無邪気な日々を送る幼なじみたちの姿が眩しい。


劇団鹿殺し『名なしの侍』レポート!玉城裕規、鳥越裕貴、堂島孝平を迎え、名もなき人間の生き様を描く
劇団鹿殺し『名なしの侍』ゲネプロ_4


そこに、生まれつき金髪の少年、虎蔵(オレノグラフィティ)が転がり込んできた頃から、彼らの運命は大きく変わっていく。身寄りもなく、継ぐべき名もない貧しい子どもたちは、武士に利用されるだけの存在から抜け出すため、刀を取り人生を切り開こうとする。「立派な侍になって天下を取ろう!天下を取って太平の世にしよう!」。そしていつか、この小さな道場に帰ってくることを誓って、彼らは旅立っていく・・・。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る 2016年7月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。