木崎ゆりあ(AKB48)と滝沢沙織が東京マハロ『紅をさす』で舞台初出演!
005785.jpg

木崎ゆりあ(AKB48)と滝沢沙織が東京マハロ『紅をさす』で...の画像はこちら >>

2016年12月に東京・東京芸術劇場 シアターウエストにて、東京マハロ第18回公演『紅をさす』が上演される。東京マハロは、『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS)の脚本で知られる矢島弘一がプロデュースする演劇ユニットで、今年10周年を迎えた。今作では、一見幸せそうな家族を通して現代社会が抱える問題に切り込む物語を描く。


出演は、金替康博(劇団MONO)、福田ゆみ、市川知宏、滝沢沙織、中川慶二、お宮の松、工藤潤矢、内谷正文、篠原あさみ、福澤重文、竹田りさ、西野優希(東京マハロ)、春木生(東京マハロ)、市川大貴、木崎ゆりあ(AKB48)。滝沢と木崎は、本作で初舞台を踏む。


出演にあたり、滝沢、市川知宏、木崎からコメントが届いている。


◆滝沢沙織
今回、初舞台に挑戦させていただくことが決まりました!すごくドキドキしながらお稽古に臨むことになりますが、マハロメンバー、スタッフ皆様のお力をお借りしつつ、楽しめるようにがんばりたいと思っております。どんな舞台となるか、皆様もぜひお楽しみにっ!!


◆市川知宏
今回、東京マハロさんの第18回公演『紅をさす』に参加させていただくことになりました!僕自身、東京マハロさんの作品に参加させていただくのが初めてなので、ワクワクした気持ちでいます。さらに、東京マハロさんが結成されてから今年で10周年ということで、記念の年に参加させていただけることを光栄に思います。稽古、本番、楽しんで臨みたいと思います!