『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表!一路真輝が「命懸け」で作ったトート再び!

『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表!一路真輝が「命懸け」で作ったトート再び!
『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表

三井住友VISAカードpresents『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』の開催決定にともない、11月4日(金)に都内で制作発表記者会見が行われ、構成・演出・訳詞の小池修一郎、演出の中村一徳、そして出演者の一路真輝麻路さき、姿月あさと、彩輝なお、春野寿美礼水夏希大鳥れい、白羽ゆり、龍真咲凪七瑠海が登壇した。本作は、宝塚歌劇団で1996年の初演以来、幾度も上演されてきた大ヒットミュージカル『エリザベート』の日本上演20周年を記念して行われるもので、トート役、エリザベート役の出演者たちが20年分の思いを熱く語った。


『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表!一路真輝が「命懸け」で作ったトート再び!
『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表_2


1992年にウィーンで初演されて以来、世界各国で上演が続けられている大ヒットミュージカル『エリザベート』。日本では、1996年に一路を中心とする宝塚歌劇団雪組にて初演された。その後、現在まで8回の再演を重ね、今や宝塚の代名詞の一つともいえる大人気作となっている。


今回の公演では、出演者が扮装しコンサート形式で本編を上演する「フルコスチュームバージョン」、1996年雪組公演の出演者による「モニュメントバージョン」、歴代出演者が競演する「アニヴァーサリーバージョン」の3バージョンが上演される。


『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表!一路真輝が「命懸け」で作ったトート再び!
『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』制作発表_3


初演時から演出を手がける小池は、「音楽がすばらしく、そして、日本人がハプスブルク家が好きなど、この作品が長く愛されている要因はたくさんあると思いますが、(脚本家の)ミヒャエル・クンツェの発想が宝塚歌劇にピッタリであったんだと思います。宝塚の戦後のヒット作といえば、『虞美人』『ベルサイユのバラ』『エリザベート』と言えると思いますが、どれも王朝が滅びるときに、王妃が、美女が、妃が関わるというパターンで、それにピッタリと当てはまっている」と、『エリザベート』が人気を博す要因を分析。本公演については「円熟味を増したものになる」と自信をのぞかせた。また、中村も「アンサンブルまで魅力的なメンバーが揃っておりますので、当時を懐かしんでいただくと同時に、メンバーの魅力溢れるものになるよう力を合わせて頑張ります」と意気込んだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

麻路さきのプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る 2016年11月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「姿月あさと」のニュース

次に読みたい関連記事「姿月あさと」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「湖月わたる」のニュース

次に読みたい関連記事「湖月わたる」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「朝海ひかる」のニュース

次に読みたい関連記事「朝海ひかる」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。