青柳塁斗、水田航生、平間壮一らハンサムたちが笑顔と涙で伝えた感謝『HANDSOME FESTIVAL 2016』追加公演レポート

青柳塁斗、水田航生、平間壮一らハンサムたちが笑顔と涙で伝えた感謝『HANDSOME FESTIVAL 2016』追加公演レポート
006293.jpg

芸能事務所アミューズ所属の若手俳優たちによるファン感謝祭として行われたイベント『HANDSOME FESTIVAL 2016』。2016年12月17日(土)・12月18日(日)に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて行われた本公演に続いて、12月29日(木)には東京・国際フォーラム ホールAにて追加公演が開催された。エンタステージでは、この追加公演の模様をレポートする。


なお、写真は17・18日のものとなります。ご了承ください)


このファンへの感謝祭イベントは、2005年にスタート。2009年からは、タイトルを『SUPERハンサムLIVE』とし、10周年の節目となった『SUPER ハンサム ライブ2014~EVER LASTING SHOW~』で一区切りを迎えたが、1年の充電期間を経て復活。追加公演はハンサム史上最大規模での開催となった。


青柳塁斗、水田航生、平間壮一らハンサムたちが笑顔と涙で伝えた感謝『HANDSOME FESTIVAL 2016』追加公演レポート
006293_15.jpg


出演するハンサムたちも、青柳塁斗、石賀和輝、伊村製作所(伊藤直人・吉村卓也)、植原卓也、甲斐翔真、金子大地神木隆之介、許峰、CROSS GENE(SANGMIN・SEYOUNG)、小関裕太田通、DearDream【石原壮馬(劇団プレステ―ジ)、太田将熙(劇団プレステ―ジ)、富田健太郎、正木郁、溝口琢矢】、戸谷公人、平間壮一、松岡広大、松島庄汰、水田航生、吉沢、渡部秀、過去最大となる総勢25名が集結。


ハンサムたちの登場を待ちわびる会場では、ファンたちが開演前のBGMに合わせペンライトを振ったり、ダンスの振り真似をしたりと準備万端。客電が落ち、大きな歓声が沸き上がる中、ステージ3ヶ所に設けられた大画面にはハンサムたちが練習に励む姿が映し出された。今年のテーマは「学園」。校舎の中を巡る映像の中に、25名のハンサムたちが次々と登場する。カウントダウンが終わるチーム・ハンサム!によるオリジナルソング「PARTY RIDE」が流れ始め、制服姿のハンサムたちが実際にステージに飛び出してきた。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る 2017年1月2日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。