柚希礼音がお嬢様&美青年に!『お気に召すまま』開幕レポート

柚希礼音がお嬢様&美青年に!『お気に召すまま』開幕レポート
『お気に召すまま』

元宝塚の柚希礼音が、雅な男装とキュートなお嬢様姿を披露する『お気に召すまま』が、2017年1月4日(水)、東京・シアタークリエにて幕を開けた。男女の恋の行方を滑稽洒脱に描き、ウィリアム・シェイクスピア喜劇の中で、最も幸福なものとされている原作を、『春のめざめ』でトニー賞最優秀演出賞に輝いたマイケル・メイヤーが演出。同じくトニー賞受賞経験のあるトム・キットが音楽を担当し、色鮮やかで微笑ましい作品に仕上がった。


柚希礼音がお嬢様&美青年に!『お気に召すまま』開幕レポート
『お気に召すまま』開幕レポート_2


写真提供:東宝演劇部


本作のおもしろさは、まずメイヤーによる大胆な設定変更にある。ベースになる物語は、17世紀初頭のヨーロッパが舞台となっているが、メイヤーはそれを、ヒッピー全盛期時代とも称される1967年のアメリカに置き換えた。「宮廷」を、現代アメリカ政治の中心地である「ワシントンD.C.」に。政界から追放された者たちが身を潜めて暮らす「アーデンの森」を、サンフランシスコにあるヒッピームーブメントの聖地「ヘイトアシュベリー」に。


おかげで、白と黒のモノトーンを基調としたシンプルな「宮廷」から、多様な色が入り乱れる「アーデンの森」への場面転換は、とてもわかりやすく、その対比が際立つ。そこに、『ネクスト・トゥ・ノーマル』でトニー賞楽曲賞・オーケストラ編曲賞受賞のキットが、書き下ろした8つの新曲のほか、60年代ヒット曲を加え、全体を盛り上げる。


柚希礼音がお嬢様&美青年に!『お気に召すまま』開幕レポート
『お気に召すまま』開幕レポート_3


写真提供:東宝演劇部


そして特筆すべきは、恋する乙女と美青年に扮する柚希を見られることだろう。宮廷に暮らすお嬢様だったが、追放され、身分を隠すためにギャニミードと名乗る男性に変装するロザリンドを、柚希は絶妙に演じ分けている。オーランドー(ジュリアン)に恋をして、相手への情をつのらせもがくロザリンドは、この上なく愛くるしい。かと思えば、ロザリンドへの恋心が日ごと強くなるオーランドーに、ロザリンド本人だとは気づかれず、恋の相談相手になろうと持ちかけるギャニミードは、見事に頼もしいナイスガイだ。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る 2017年1月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。