『皆、シンデレラがやりたい。』開幕レポート!高田聖子、根本宗子のコメントも

『皆、シンデレラがやりたい。』開幕レポート!高田聖子、根本宗子のコメントも
006559.jpg

大胆にも自身の名前を冠した劇団、月刊「根本宗子」を10代で立ち上げた根本宗子。テイストはポップながら、現代女性の肉声と言えそうなヒリヒリした言葉と感覚を観客に突きつける彼女の作品が、M&O playsプロデュースに注目の初登場だ。


書き下ろしの「皆、シンデレラがやりたい。」は、とあるアイドルの追っかけで知り合った3人の40代女性を中心とした会話劇。その3人を高田聖子、猫背椿、新谷真弓が演じている。それぞれ劇団☆新感線、大人計画、ナイロン100℃に所属するベテラン個性派女優たちの丁々発止のやり取りに、まず見応えと満足感がある。


『皆、シンデレラがやりたい。』開幕レポート!高田聖子、根本宗子のコメントも
『皆、シンデレラがやりたい。』開幕レポート_2


3人が熱を上げているのは、まだ売れていないアイドル「一ノ瀬陸」(通称りっくん)。3人は神保(猫背)が営むバーに集い、りっくんバナシに花を咲かせるのだが、その会話の端々から、各人の背景が見えてくる。


例えば、ロリータファッションに身を包み何の心配もなく趣味に没頭できるセレブ・角川(新谷)と、「ユニクロ」「しまむら」が定番で神保の店でも水しか飲まない榎本(高田)の、歴然たる経済格差。というように、それぞれの背景は違っても“りっくん”を共通項にみんな仲良し・・・かと思いきや、裏ではしっかりと女同士のマウンティングが行われているのがリアルだ。40代という設定も、イタいところを突いている。古参ファンであるがゆえ、「りっくんをここまで支えてきたのはうちら」という保護者感覚にどっぷりと浸かっているところなど、“いるいる”で“あるある”。根本の筆致はそんな彼女たちに対し、肩入れするでも突き放すでもなく冷静だ。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る 2017年2月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。