ミュージカル「さよならソルシエ」再演開幕!良知真次「音楽を心で聞いてもらいたい」

ミュージカル「さよならソルシエ」再演開幕!良知真次「音楽を心で聞いてもらいたい」
006729.jpg

ミュージカル「さよならソルシエ」の再演が、2017年3月17日(金)より東京・シアター1010にて幕を開けた。本作は、穂積による同名漫画を原作に、2016年3月に初舞台化。原作の世界観の再現性の高さや美しい音楽が評判を呼び、約1年ぶりに再演される。初日前日には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、良知真次、平野良、反橋宗一郎、輝馬、上田堪大、Kimeruが登壇し、意気込みを語った。


ミュージカル「さよならソルシエ」再演開幕!良知真次「音楽を心で聞いてもらいたい」
ミュージカル「さよならソルシエ」再演公開ゲネプロ_2


初演に続き、画壇界を席巻する天才画商テオドルス・ファン・ゴッホ役を演じる良知は「初演からちょうど一年越しで再演ができる機会は、なかなかないことなので大変うれしく思っております。続投キャストと新キャスト、皆でパワーアップしたものを作れるようにやってきました」と自信を覗かせた。また、当日は良知の誕生日ということもあり「34歳になって最初の主演舞台なので、とにかく気合いを入れて、責任を持って挑んでいきたいです」と意気込みたっぷり。


同じく、テオの兄で現在では「炎の画家」として有名なフィンセント・ファン・ゴッホ役を続投する平野は「初演で出し切ったので、今回どうなるかなと思ったんですけど、時間を置いたことで、台詞の一つ一つに深みが増したような感じがしています」と再演ならではの実感を語った。また、誕生日を迎えた良知に対して、サプライズとして直前の舞台稽古中に「お誕生日おめでとう!」と言ったそうだが、真顔で「何言ってんだ」と返されてしまったという。「ちょっと心が折れそうになりました(笑)」とぼやく平野に、良知が慌てて「ほんとに驚いたんだって(笑)」とフォローするなど、仲の良さを伺わせた。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る 2017年3月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。