水谷八也×千葉哲也×中村倫也『怒りをこめてふり返れ』トークイベントレポート

水谷八也×千葉哲也×中村倫也『怒りをこめてふり返れ』トークイベントレポート
006907.jpg

2017年7月に東京・新国立劇場 小劇場にて、イギリスの劇作家ジョン・オズボーンによる舞台『怒りをこめてふり返れ』が上演される。 本作は、日本の現代演劇の発展に大きな影響を与えた海外作品を新訳で上演する「JAPAN MEETS・・・-現代劇の系譜をひもとく-」シリーズの第12弾。その上演に向け、スペシャルトークイベントが4月2日(日)、東京・新国立劇場にて開催され、本作の翻訳家を手掛ける水谷八也、演出の千葉哲也、主演を務める中村倫也が登壇した。


水谷八也×千葉哲也×中村倫也『怒りをこめてふり返れ』トークイベントレポート
『怒りをこめてふり返れ』_水谷.jpg


本作はイギリスの歴史的問題作として、1950~60年代に世界中で社会現象を巻き起こした「怒れる若者たち」の原点ともなった作品。その問題作が生まれた時代背景について、水谷は「1950年代のイギリス演劇界は貴族たちが書く芝居が主流で、下の階級から見た世界観はあまりなかったんです。しかし、イギリスの演劇界の変わり目に、ロイヤル・コート・シアターという新しい劇場を手に入れたイングリッシュ・ステージ・カンパニーという劇団が、新しい劇作家の劇場にしようと募集した中に、本作があったんです。ジョン・オズボーンは中産階級の下の方の人間なので、そこから見た世界観を作品に書き込んでいるので、確実に“現代の問題”とつながっているんです」と解説。


水谷八也×千葉哲也×中村倫也『怒りをこめてふり返れ』トークイベントレポート
『怒りをこめてふり返れ』_千葉.jpg


さらに、脚本のリライトのやり取りをしている段階という水谷は「千葉さんがどう料理してくれるか楽しみ」と千葉へプレッシャーをかけると、思わず千葉は苦笑い。演出として、新国立劇場初登場となる千葉は「最初に本を読んだ時は荒っぽいなというイメージでした。時代考証をしていくと何となく分かるんですけど、現代で上演する場合『こういう本がありましたよ』という作品になってしまうことが多いんです。でも、時代は違いますが人間はそんなに変わらないから、人間としてちゃんと存在するかどうかというのを探っています」と現段階の状況を打ち明けた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 中村倫也 CM
  2. 中村倫也 カメレオン
エンタステージの記事をもっと見る 2017年4月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「中村倫也 + CM」のおすすめ記事

「中村倫也 + CM」のおすすめ記事をもっと見る

「中村倫也 + カメレオン」のおすすめ記事

「中村倫也 + カメレオン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「菅田将暉」のニュース

次に読みたい関連記事「菅田将暉」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。