玉野和紀、吉野圭吾、東山義久、西村直人ら“レジェンド”が集結!『CLUB SEVEN –ZERO-』観劇レポート!

玉野和紀、吉野圭吾、東山義久、西村直人ら“レジェンド”が集結!『CLUB SEVEN –ZERO-』観劇レポート!
『CLUB SEVEN -ZERO-』ゲネプロ

玉野和紀、吉野圭吾、東山義久、西村直人ら“レジェンド”が集結...の画像はこちら >>

シアター1010でのプレビュー、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティでのツアー公演を経て、6月8日(木)にシアタークリエで幕を開ける『CLUB SEVEN -ZERO-』。玉野和紀がトータルクリエイターとして手掛けてきた『CLUB SEVEN』シリーズとしては2年振りの上演となる。


「原点に戻る“オトナのCLUB SEVEN”」と銘打った今回の公演。俳優として、そしてダンサーとしても第一線に立つキャストたちが繰り広げる舞台の模様をレポートしたい。なお、文中に一部作品の内容に触れる部分も含まれているので、その点をご留意いただければ幸いである。


玉野和紀、吉野圭吾、東山義久、西村直人ら“レジェンド”が集結!『CLUB SEVEN –ZERO-』観劇レポート!
『CLUB SEVEN -ZERO-』ゲネプロ_2


玉野和紀、吉野圭吾、東山義久、西村直人ら“レジェンド”が集結!『CLUB SEVEN –ZERO-』観劇レポート!
『CLUB SEVEN -ZERO-』ゲネプロ_3


ステージ上部に映し出される『CLUB SEVEN』のロゴ。暗転後、5つの扉から現れる出演者たち・・・彼らはアップテンポの音楽に乗せてキレっキレのダンスを魅せ、一気に客席を“クラセン”の世界へと惹きこんでいく。皮やスパンコールをあしらった黒の衣裳をまとい、華麗に踊るキャストの姿に「おかえりなさい!」と心の中で喝采がこぼれた。


玉野和紀、吉野圭吾、東山義久、西村直人ら“レジェンド”が集結!『CLUB SEVEN –ZERO-』観劇レポート!
『CLUB SEVEN -ZERO-』ゲネプロ_4


玉野和紀、吉野圭吾、東山義久、西村直人ら“レジェンド”が集結!『CLUB SEVEN –ZERO-』観劇レポート!
『CLUB SEVEN -ZERO-』ゲネプロ_5


そんなエネルギーに満ちたパフォーマンスで客席の熱量を上げた後は『CLUB SEVEN』の“名物”ともいえる、スケッチ(シチュエーションコント)で客席を笑いの渦に巻き込む7人。その展開の速さはまるでジェットコースターに乗っているかのようだ。全く噛みあわないご長寿クイズやある虫の物語、刑事たちのアドリブ合戦、そしてあのウィーン作品(?)を彷彿とさせる超ショートミュージカル。これらに『レ・ミゼラブル』や『ミス・サイゴン』、『エリザベート』『モーツァルト!』等の大作ミュージカルにも出演してきたキャストたちが、内容、早替え等含め、ギリギリの状態で挑んでいくわけだが、その姿とパフォーマンスに笑いと涙が止まらない。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東山義久のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「東山義久」に関する記事

「東山義久」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東山義久」の記事

次に読みたい「東山義久」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク