テニミュ3rd、2回目のドリライ!ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2017公演レポート
007239.jpg

テニミュ3rd、2回目のドリライ!ミュージカル『テニスの王子...の画像はこちら >>

2017年5月26日(金)から5月28日(日)にかけての3日間、神奈川・横浜アリーナにて「ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2017」が開催された。3rdシーズンにとって2回目の“ドリライ”となる本公演では、青学(せいがく)12名をはじめ、山吹8名、氷帝9名、六角7名の総勢36名が集結。このレポートでは、全5公演のうち初日公演の模様をお届けする。


開演前は青学(せいがく)の堀尾聡史(相馬眞太)、加藤勝郎(奥井那我人)、水野カツオ(畠山紫音)ら“一年トリオ”による前説で会場が温められ、ついに「Dream Live 2017」の幕が開けた。大きなスクリーンに各校が映し出され、一人ずつメンバー紹介されると、観客らは声を揃えてキャストの名前を呼びかける。学校のイメージカラーに合わせて観客が持つペンライトの色も一斉に変化。青学(せいがく)、山吹、氷帝、六角と、学校ごとにキャストが登場し、舞台上に総勢36名が揃うと大きな歓声が上がり、オープニングから一体感に包まれた。


テニミュ3rd、2回目のドリライ!ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2017公演レポート
ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2017舞台写真_2

オフィシャル写真


キャスト全員による1曲目のナンバーを披露したあと、越前リョーマ(阿久津仁愛)の「まずは青学(せいがく)!」の掛け声でパフォーマンスがスタート。主人公の越前をはじめ、手塚国光(宇野結也)、大石秀一郎(松村 優)、不二周助(定本楓馬)、菊丸英二(永田聖一朗)、乾 貞治(加藤 将)、河村 隆(鈴木雅也)、桃城 武(吉村駿作)、海堂 薫(牧島 輝)らレギュラー陣と、1年トリオを含む現青学(せいがく)メンバーにとって初のドリームライブとなるが、主役校らしく存在感ばっちり。開幕時のコメントで越前役の阿久津が「ペンライトの景色を見るのが楽しみです」と語った通り、会場中が鮮やかな青に染まる中、全力のパフォーマンスを披露した。