11曲の新曲を携えて初日開幕!ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海ゲネプロ&会見レポート
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海ゲネプロ_9

11曲の新曲を携えて初日開幕!ミュージカル『テニスの王子様』...の画像はこちら >>

2017年7月14日(金)にミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海が、東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開幕した。初日公演を前にゲネプロと囲み会見が行われ、阿久津仁愛、宇野結也、立石俊樹、田鶴翔吾の4名が登壇。本番への意気込みや見どころを語った。


前回2月に上演された六角戦での勝利を経て、いよいよ関東大会決勝戦を迎えた青学(せいがく)。今回の対戦相手は、厳格な掟のもとで全国大会三連覇を狙う立海大付属。舞台の幕が上がると部長の幸村精市(立石俊樹)を筆頭に、副部長の真田弦一郎(田鶴翔吾)、柳 蓮二(井澤巧麻)、仁王雅治(後藤 大)、柳生比呂士(大隅勇太)、丸井ブン太(大薮 丘)、ジャッカル桑原(川﨑優作)、切原赤也(前田隆太朗)らが厳然たる“王者”の風格を見せつけ、戦いの火蓋が切って落とされた。


11曲の新曲を携えて初日開幕!ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海ゲネプロ&会見レポート
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海ゲネプロ_2


関東大会決勝戦の前、青学(せいがく)の越前リョーマ(阿久津仁愛)は、とあることがきっかけで立海の切原と野試合をすることに。一人一人が全国レベルの実力を持つという立海レギュラー陣。唯一の二年生レギュラーである切原もその例外でなく、卑劣とも言える技で越前を攻める。非情なテニスを見せつけられながらも果敢に挑む越前。


野試合の一件を知った真田によって切原が咎められる場面からは、立海テニス部に存在する絶対的な“掟”の厳しさが伝えられる。その一方、病院で療養中の幸村と立海メンバーらの友情が垣間見れ、厳格さだけでなく人間味にあふれた姿も印象的だった。