市村正親「僕と鳳さんは一線を超えています(笑)」ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表会見

市村正親「僕と鳳さんは一線を超えています(笑)」ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表会見
ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表会見

2017年8月23日(火)都内にて、ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』の製作発表会見が行われ、出演の市村正親、鳳蘭のほか、実咲凜音神田沙也加月ふうか、入野自由広瀬友祐、神田恭兵が登壇。5000通の応募の中から選ばれた約200人のオーディエンスが見守るなか、劇中歌が2曲披露されるなど豪華な会見となった。


1905年の帝政ロシアを舞台に“アナテフカ”という寒村に住む家族の愛と旅立ちが描かれる本作は、1964年ブロードウェイで初演されトニー賞ミュージカル部門の最優秀作品賞、脚本賞、作曲賞など7つの賞を獲得。その後8年ものロングランが続き、計3242回という当時としては画期的な記録を達成。日本では、森繁久彌が本作の主人公・テヴィエを演じた1967年の初演から幾度となく再演が重ねられ、今年で日本初演から50周年を迎える。


市村正親「僕と鳳さんは一線を超えています(笑)」ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表会見
ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表会見_2


会見ではまず、2004年からテヴィエ役を務める市村と2009年から妻・ゴールデ役を務める鳳の名コンビによって劇中歌「サンライズ・サンセット」が披露され、途中、入野と実咲、広瀬と神田沙也加、神田恭兵と唯月の3組が連れ立って登場し総勢8人での合唱となった。


市村正親「僕と鳳さんは一線を超えています(笑)」ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表会見
ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表会見_3


その後、市村から登壇者挨拶が行われ、市村は「今回は、新しいメンバーと古いメンバーで・・・」と言い澱み鳳に含みのある視線を送ると、市村は鳳の手を取り「僕と鳳さんは一線を超えていますので、一線を越えた素晴らしい家族のミュージカルをお見せしたいと思います(笑)」と宣言。市村、鳳の温かな空気に会場は包まれた。


あわせて読みたい

市村正親のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「田中哲司」のニュース

次に読みたい関連記事「田中哲司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「伊藤淳史」のニュース

次に読みたい関連記事「伊藤淳史」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三浦友和」のニュース

次に読みたい関連記事「三浦友和」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月24日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。