ラサール石井&哀川翔「チームワークばっちり!」ミュージカル『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』稽古場レポート

ラサール石井&哀川翔「チームワークばっちり!」ミュージカル『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』稽古場レポート
008458.jpg

2017年12月14日(木)に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場<ホール>にて開幕するミュージカル『HEADS UP!』。本作は、原案・作詞・演出のラサール石井が構想に10年を費やし、倉持裕が脚本を務めた作品。2015年の初演時には様々な方面で高い評価を受け、第23回読売演劇大賞演出家部門優秀賞を受賞した。再演の開幕に先駆けて公開舞台稽古が行われ、ラサール石井と共に主演の哀川翔が取材に応じた。


ラサール石井&哀川翔「チームワークばっちり!」ミュージカル『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』稽古場レポート
ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_2


描かれているのは、普段、表舞台に登場することのない舞台スタッフたちの奮闘ぶり。一つの舞台が幕を開けてから“バラシ”と呼ばれる劇場撤収作業が終わるまでの“バックステージ”をまるっとミュージカルに仕上げている。


ラサール石井&哀川翔「チームワークばっちり!」ミュージカル『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』稽古場レポート
ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_3


1000回目の公演を終え、華々しく終了するはずだった“あの名作”が、主演俳優の鶴の一声で、某地方都市の古い劇場で1001回目を上演することとなる。しかし、舞台美術は廃棄済み、スタッフの人手も足りない、キャストのスケジュールも押さえていない・・・と現場はてんやわんや。さらに、舞台監督は総指揮を取るのは初めてというド新人!とんでもない条件の中、必死に奮闘するスタッフたち。すでにチケットは完売し、観客が待っている。果たして、幕は無事に公演を終えることはできるのか―。


ラサール石井&哀川翔「チームワークばっちり!」ミュージカル『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』稽古場レポート
ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポート_4


公開されたのは、劇中劇となるミュージカル『ドルガンチェの馬』の上演シーン。稽古場にも、まるで本当に幕が上がる前かのような雰囲気が漂っていた。ベテラン舞台監督役の哀川がじっと見守る中、ヘッドセットを握り上演開始を告げる新人監督役の相葉。


あわせて読みたい

哀川翔のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る 2017年12月4日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「林遣都」のニュース

次に読みたい関連記事「林遣都」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「リリー・フランキー」のニュース

次に読みたい関連記事「リリー・フランキー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中村倫也」のニュース

次に読みたい関連記事「中村倫也」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。