平野良、谷口賢志らが繰り広げる“動く”密室劇!伊坂幸太郎の小説を舞台化した『マリアビートル』レポート

平野良、谷口賢志らが繰り広げる“動く”密室劇!伊坂幸太郎の小説を舞台化した『マリアビートル』レポート
008992.jpg

平野良、谷口賢志らが繰り広げる“動く”密室劇!伊坂幸太郎の小...の画像はこちら >>

2018年2月14日(水)に東京・全労済ホール/スペース・ゼロにて、舞台『マリアビートル』が開幕した。本作は、伊坂幸太郎の小説「グラスホッパー」「AX」と並ぶ、個性的な“殺し屋”たちが登場する人気作。初日前日には公開リハーサルと囲み会見が行われ、出演する平野良、坂口湧久、小沼将太、碕理人、若宮亮、山本侑平、中村裕香里、深澤恒太、福圓美里、谷口賢志が登壇した。



酒浸りの元殺し屋「木村」(谷口)は、幼い息子に重傷を負わせた悪魔のような中学生「王子」(坂口)に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線<はやて>に乗り込んだ。同じ列車には、依頼で取り返した人質と身代金を盛岡まで護送する二人組の殺し屋「蜜柑」(小沼)と「檸檬」(碕)も乗っていたが、車中で人質を何者かに殺されてしまうトラブルが発生。しかも、身代金の入ったトランクまでもが紛失してしまう。



その身代金強奪を指示されたのは、真莉亜(福圓)と手を組んだ殺し屋「七尾」(平野)だった。奪った身代金を手に、上野駅で新幹線を降りるはずだった七尾だが、七尾はことごとくツキのない殺し屋で・・・。



主演として、「殺し屋」七尾役を演じる平野は、本好きとして知られ、もともと伊坂の原作小説が大好きで、「映像ではなく、ぜひ舞台でやりたい」という強い思いがあったという。その実現に「とても嬉しいことなので、僕が小説を読んだ時に感じた躍動感やおもしろさ、読了後に考えさせられた内容を表現できたらと思います」と喜びを語った。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

平野良のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「平野良」に関する記事

「平野良」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「平野良」の記事

次に読みたい「平野良」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク