藤田貴大による新作『BOAT』上演決定!宮沢氷魚が初舞台&初主演に

藤田貴大による新作『BOAT』上演決定!宮沢氷魚が初舞台&初主演に
009170.jpg

劇団マームとジプシー主宰の劇作家・演出家である藤田貴大の新作『BOAT』の上演が2018年7月に決定。それに伴い、キャストの顔ぶれが明らかになった。


マームとジプシーがここ数年描いてきた『カタチノチガウ』『0.1.2.3』『sheep sleep sharp』の完結編となる本作の主演を務めるのは、昨年放送の『コウノドリ』(TBS)で俳優デビューを果たした宮沢氷魚。宮沢は、本作が舞台初挑戦かつ初主演作品となる。宮沢の脇を固めるのは、中嶋朋子、青柳いづみ、そして藤田が上演台本を執筆し演出した『ロミオとジュリエット』で初舞台を踏んだ豊田エリーら個性的な顔ぶれ。上演に伴い、藤田と宮沢からコメントが届いている。


◆藤田貴大(作・演出)
――上演にあたって
マームとジプシーがここ数年で発表してきた『カタチノチガウ』、『sheep sleep sharp』の完結編として、『BOAT』という作品を発表しようと思っています。約1年ぶりの新作。東京芸術劇場との関わりも、ここまでじっくりと積み重ねてきました。プレイハウスで発表する作品としては、これで3作目になります。あの空間にて『小指の思い出』、『ロミオとジュリエット』と描いてきたけれど、今回ははじめて、ぼく自身がぼく自身の言葉を扱って、書き下ろします。 この二つのタイミングが合致したことに、ある熟成を感じつつ、さらなる到達点を共に目指していきたいと考えています。
この作品を、この空間にて、描く必要を感じているのは、現在だからでしょう。しかしそれは、現在という時間を過ごしていれば、自然と、必然的に揺りだされるもので。現在という空気のなかで、深く呼吸するように、しかしこのことだけを考えて、つくっていこうと準備しています。これは、寓話でも神話でもなくて、ほんとうのことだと思っています。現在という、ほんとうのことを、舞台のうえで繰り広げていきたいです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エンタステージの記事をもっと見る 2018年3月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「逃げるは恥だが役に立つ」のニュース

次に読みたい関連記事「逃げるは恥だが役に立つ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「おっさんずラブ」のニュース

次に読みたい関連記事「おっさんずラブ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アンナチュラル」のニュース

次に読みたい関連記事「アンナチュラル」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。