『宝塚BOYS』5度目の上演は2チーム制!出演に良知真次、永田崇人ら
009397.jpg

『宝塚BOYS』5度目の上演は2チーム制!出演に良知真次、永...の画像はこちら >>

舞台『宝塚BOYS』が、2018年夏に上演されることが発表された。本作は、“女性だけのレビュー劇団”として、世界でも知られる存在となった宝塚歌劇団の100年におよぶ歴史の中に、かつて「男子部」が特設された・・・という事実に焦点を当て描かれた作品で、2007年の初演後、2008年、2010年、2013年と再演を重ねてきた。5年ぶり5度目となる今回は、「team SEA」「team SKY」という2チームのWキャストで上演する。


「team SEA」には、過去に同作への出演経験を持つ良知真次、藤岡正明、上山竜治石井一彰東山義久に、木内健人、百名ヒロキが加わる。「team SKY」には、永田崇人溝口琢矢、塩田康平、富田健太郎、山口大地、川原一馬、中塚皓平といずれも初参加の顔ぶれが揃った。さらに、シングルキャストとして、愛華みれ山西惇も両チームに参加。


「宝塚男子部」は、第二次世界大戦が終わって間もない1945年(昭和20年)12月から1952年(昭和27年)の間に4回にわたり、宝塚歌劇団の舞台に男性を出演させることを目的として募集され大勢の中から25人が合格。


それぞれに出自が違う彼らは「明日の宝塚スター」を夢見てレッスンに励んだが、1954年(昭和29年)3月「男子部」は解散。その間、彼らがメインステージである宝塚大劇場に立つことは一度もなかった・・・。敗戦の荒廃から立ち上がった日本とともに、夢を描いた男性たちの、汗と涙と、夢と挫折。精いっぱいの男たちの青春物語、再び!