舞台『ジョーカー・ゲームII』開幕!木戸邑弥「前回以上のものを届けられる自信がある」

舞台『ジョーカー・ゲームII』開幕!木戸邑弥「前回以上のものを届けられる自信がある」
009650.jpg

舞台『ジョーカー・ゲームII』が、2018年6月14日(木)に東京・シアター1010にて開幕した。本作は、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞をW受賞した人気小説『ジョーカー・ゲーム』(著:柳広司)を原作とした舞台化第2弾作品。初日前には、公開ゲネプロと囲み会見が行われた。


第1弾は、昨年5月に上演。世界大戦の気配が近づく昭和の時代を舞台に、帝国陸軍の結城中佐によって設立されたスパイ養成部門“D機関”のメンバーの暗躍する姿を描いており、第2弾となる今作には、D機関と真っ向から対立する諜報組織「風機関」が登場する。ストーリーは、原作小説「ラスト・ワルツ」より「ワルキューレ」、そして、舞台オリジナルの物語を展開。


脚本・演出は西田大輔、D機関のメンバーを演じる木戸邑弥、山本一慶、奥谷知弘、松本岳、才川コージ、前田剛史、鈴木勝吾、谷口賢志が全員続投。さらに、新キャストとして君沢ユウキ、合田雅吏、和興、須間一也、宮下雄也、村田洋二郎、岩澤晶範、大湖せしるが加わった。


会見には、木戸、君沢、合田、鈴木、谷口の5名が登壇し、初日に向け意気込みを語った。以下、コメントを紹介。


◆木戸邑弥(実井役)
僕をはじめとするD機関のメンバーは、前作である初演に引き続き同じ役をやっているので、またこの役を演じられるという喜びの反面、プレッシャーも感じています。ですが、ここまで稽古をやってきて、前回以上のものをお客様に届けられるという自信を持っておりますので、その自信を胸に舞台に立ちたいと思います。また次につなげられるようキャスト・スタッフ一同がんばっていきます。どうか応援をよろしくお願いいたします。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る 2018年6月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。