舞台『野球』飛行機雲のホームラン公演レポート 演劇でしかなしえない表現の粋(すい)

舞台『野球』飛行機雲のホームラン公演レポート 演劇でしかなしえない表現の粋(すい)
009962.jpg

舞台『野球』飛行機雲のホームラン~Homerun of Contrailが、2018年7月27日(金)に開幕した。作・演出を西田大輔が手掛けたこの新作舞台が、連日大きな反響を呼んでいる。出演は、安西慎太郎多和田秀弥永瀬匡小野塚勇人松本岳、白又敦、小西成弥、伊崎龍次郎、松井勇歩、永田聖一朗、林田航平、村田洋二郎、内藤大希(友情出演・Wキャスト)、松田凌(友情出演・Wキャスト)、藤木孝。公開ゲネプロより、この公演の模様をレポートする。


※公開ゲネプロは内藤が出演


舞台『野球』飛行機雲のホームラン公演レポート 演劇でしかなしえない表現の粋(すい)
舞台『野球』飛行機雲のホームラン舞台写真_2


描かれているのは1944年、戦時下の日本。野球は、敵国の競技として弾圧され、全国中等学校野球大会は中止され、少年たちの甲子園への夢は絶たれてしまった。予科練へと入隊する少年たちだったが、“最後の一日”に再び野球をする機会を得る。


舞台『野球』飛行機雲のホームラン公演レポート 演劇でしかなしえない表現の粋(すい)
舞台『野球』飛行機雲のホームラン舞台写真_19


舞台『野球』飛行機雲のホームラン公演レポート 演劇でしかなしえない表現の粋(すい)
舞台『野球』飛行機雲のホームラン舞台写真_9


甲子園優勝候補と呼ばれた強豪・伏ヶ丘商業学校と、実量は未知だが有力な会沢商業学校。出身校同士で行われる紅白戦で、会沢商業の投手・穂積均(安西)と伏ヶ丘の投手・唐澤静(多和田)は再び相まみえる。“野球”に憧れを抱き続ける、仲間と共に・・・。


舞台『野球』飛行機雲のホームラン公演レポート 演劇でしかなしえない表現の粋(すい)
舞台『野球』飛行機雲のホームラン舞台写真_6


本作の上演が決まった際、なんてシンプルなタイトルだろうと思った。蓋を開けてみると、本当にそのタイトルに相応しい、シンプルでド直球な作品だった。


“戦争を描いた作品”と聞くと少々構える方もいるかもしれないが、悲愴な場面はほとんど出てこない。打者は球を避けてはいけない、最後まで戦い抜くため選手の途中交代は禁止・・・今と少し違う野球のルールなど、彼らの背景にある事実が、台詞やエピソードの裏側に横たわっているだけだ。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る 2018年8月2日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。