『宝塚BOYS』team SKY初日!永田崇人「本当に幸せだなと思える、大好きな作品」
010044.jpg

『宝塚BOYS』team SKY初日!永田崇人「本当に幸せだ...の画像はこちら >>

舞台『宝塚BOYS』team SKYの公演が、2018年8月15日(水)より東京・東京芸術劇場 プレイハウスにて始まる。本作は、宝塚歌劇団に1945年から9年間だけ存在した“宝塚男子部”を描いた作品。辻則彦のドキュメンタリー本「男たちの宝塚~夢を追った研究生の半世紀」を原案に、2007年に初舞台化されて以来、再演を重ね、これが5年ぶり5度目の再演となる。


今回は「team SEA」「team SKY」の2チーム制。シングルキャストの山西惇愛華みれ以外がWキャストとなっている。8月11日(土)までの公演は「team SEA」として、良知真次、藤岡正明、上山竜治石井一彰東山義久、木内健人、百名ヒロキが出演。8月15日(水)以降の東京公演および名古屋、久留米、大阪公演には「team SKY」として、永田崇人溝口琢矢、塩田康平、富田健太郎、山口大地、川原一馬、中塚皓平が出演する。


開幕に先駆け、永田、溝口からコメントが届いた。


◆永田崇人
僕ら6期目のBOYSは、平均年齢が今までで一番若く、その分戦争から最もかけ離れている人間たちの集まりです。ですが稽古場では、皆で“苦い飯を食う”というような経験もして、それが舞台に表現されているんじゃないかとも思います。僕らにしかできない『宝塚BOYS』があると改めて感じましたし、team SEAのお兄さんたちとは違う僕らのBOYS、それを発見する楽しさもあると思います。「この作品に出会えた人は幸せだ」とおっしゃった方がいるのですが、それはご覧になる方も、そして、僕らのように関わることが出来た人間もそうだと思います。
本当に幸せだなと思える、大好きな作品です。
ぜひ、劇場に足を運んで、一緒に青春をしていただきたいと思います。