『宝塚BOYS』公演レポート・・・輝く場所を目指す青年たちの、熱く懸命な物語
010068.jpg

『宝塚BOYS』公演レポート・・・輝く場所を目指す青年たちの...の画像はこちら >>

2018年8月15日(水)に東京・東京芸術劇場 プレイハウスにて、舞台『宝塚BOYS』team SKYの初日が開けた。2007年の初演から5度目の再演となり、Wキャストとなっている今回の『宝塚BOYS』。すでに上演した「team SEA」は『宝塚BOYS』出演経験者が多いのに対し、「team SKY」は本作初参加で、2.5次元舞台などで活躍する俳優などの新世代で構成されている。そのフレッシュさは、本作の舞台である華やかな“宝塚”の世界と、本編を通して立ち込める“戦争”という暗雲を引き立てていた。その公演の模様をレポートする。


「team SKY」の初日となった8月15日は、舞台『宝塚BOYS』にとってもとても意味のある“終戦記念日”だ。それまで、それぞれの戦争を生きていた青年たちの人生が、この日を境にガラリと変わる。目の前に広がる未来に戸惑う中、“宝塚”という選択をした実在の青年たちの数年間が描かれていく。


『宝塚BOYS』公演レポート・・・輝く場所を目指す青年たちの、熱く懸命な物語
『宝塚BOYS』公演レポート_2


物語の舞台は、第二次世界大戦終戦直後の1945年秋。男子禁制の女の園・宝塚歌劇団の稽古場に、一人の青年がやってくる。彼、上原金蔵(永田崇人)は子どもの頃から宝塚に憧れており、宝塚歌劇団の創始者である小林一三に「男性登用」を望む手紙を送ったことが認められたのだ。


『宝塚BOYS』公演レポート・・・輝く場所を目指す青年たちの、熱く懸命な物語
『宝塚BOYS』公演レポート_4


オーディションを経て新設・宝塚男子部へ入部したのは、電気屋の竹内重雄(溝口琢矢)、宝塚のオーケストラメンバーだった太田川剛(塩田康平)、旅芸人の息子・長谷川好弥(富田健太郎)、闇市の愚連隊だった山田浩二(山口大地)。そのほとんどが、この間まで軍服に身を包み、戦地や満州などで終戦を迎えた青年たちだ。彼らの自己紹介では、出身地を言うような自然さで「どの戦地にいたか」「どんな部隊にいたか」が口にされる。