市村正親&鹿賀丈史『生きる』開幕!クロサワ映画を日本発でミュージカル化

市村正親&鹿賀丈史『生きる』開幕!クロサワ映画を日本発でミュージカル化
010488.jpg

日本発のオリジナル新作ミュージカル『生きる』が、2018年10月8日(月・祝)に東京・TBS 赤坂ACTシアターにて開幕した。原作は、黒澤明監督が1952年に発表した同名映画。クロサワ映画初のミュージカル化を手掛けるのは、グラミー賞受賞の作曲家ジェイソン・ハウランド(音楽)、『アナと雪の女王』などのディズニー映画の訳詞で知られる高橋知伽江(脚本・歌詞)、宮本亜門(演出)といった面々。



役所の市民課に30年休まず勤め続ける渡辺課長は、早くに妻を亡くし息子夫婦と同居している。ある日胃がんが発覚し、自分の人生が残り少ないことを知った渡辺は、生まれて初めて自分の人生の意味を探し始める。映画で志村喬が演じた主役の市民課長・渡辺勘治役は、 ミュージカル界のレジェンド・市村正親鹿賀丈史がWキャストで演じる。



開幕にあたり、演出の宮本、主演を務める市川と鹿賀よりコメントが届いた。


◆宮本亜門(演出)
黒澤映画をミュージカル化することは、あまりにも大胆かつ挑戦的で、プレッシャーを感じてきましたが、黒澤明さんの作品をリスペクトしながらも、新しいミュージカルに仕上がっています。この作品をいよいよお客様に届けられることにドキドキしています。皆様の温かい応援を受けて、日本発のオリジナルミュージカルが、いよいよ始まります!


◆市村正親(主演Wキャスト・渡辺勘治役)
皆の力が結集して、黒澤明監督の映画に負けない、ミュージカル『生きる』が出来上がったと感じています。舞台稽古でも、ご覧になったお客さんがたまらず感極まってくださっていたと聞いて、きっとうまくいっているんだなあと実感しました。最後まで演じきりたいと思っています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エンタステージの記事をもっと見る 2018年10月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「田中哲司」のニュース

次に読みたい関連記事「田中哲司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「遠藤憲一」のニュース

次に読みたい関連記事「遠藤憲一」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉岡秀隆」のニュース

次に読みたい関連記事「吉岡秀隆」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。