体内活劇『はたらく細胞』白血球役の和田雅成「お客様と楽しく学ぶ」

体内活劇『はたらく細胞』白血球役の和田雅成「お客様と楽しく学ぶ」
010782.jpg

人間の体内にあるおよそ37兆個の細胞たちを擬人化し、人間の生命を維持するために働く姿を描いた人気コミックスを舞台化した、体内活劇『はたらく細胞』が2018年11月16日(金)に開幕した。初日前には囲み会見と公開ゲネプロが行われ、会見には和田雅成、七木奏音、君沢ユウキ、馬場良馬が登壇した。


体内活劇『はたらく細胞』白血球役の和田雅成「お客様と楽しく学ぶ」
体内活劇『はたらく細胞』舞台写真_9


白血球(好中球)役の和田は「ついに初日を迎えます。お客様と一緒に『はたらく細胞』の世界を作り上げたいと思っています」と挨拶。自身の役どころについて「白血球は、雑菌などを見つけた時にはすごい形相をしますが、ちょっとした天然さがあるんです。そこがかわいらしい部分だと思うので、そこが僕のかわいさとマッチすればいいなと思います」と笑顔を見せた。


体内活劇『はたらく細胞』白血球役の和田雅成「お客様と楽しく学ぶ」
体内活劇『はたらく細胞』舞台写真_10


赤血球役の七木は初日を目前に「すごく楽しみにしています」と思いを語り、「赤血球は酸素を運ぶことが仕事です。私が演じる赤血球はとにかく迷子になるので、そのおかしな感じを精一杯出せたらいいなと思っています」と意気込んだ。


体内活劇『はたらく細胞』白血球役の和田雅成「お客様と楽しく学ぶ」
体内活劇『はたらく細胞』舞台写真_11


キラーT細胞役の君沢は「細菌を発見し次第、2秒で殺すという役。パワフル全開でがんばります!」と自身の役柄について説明。本作の見どころにアクションをあげ「とにかく戦います。演出のきだつよしさんと殺陣師の六本木康弘さんがこだわって作ってくださったシーンがたくさんあります。いろんな種類の戦いを楽しみにしていてください」とアピールした。


体内活劇『はたらく細胞』白血球役の和田雅成「お客様と楽しく学ぶ」
体内活劇『はたらく細胞』舞台写真_12


ド派手な衣装で登場した、肺炎球菌役の馬場は「僕は別の仕事で1年間ヒーローをやっていましたので、その時の知識を存分に活かして、今回の肺炎球菌という“かませ犬”をがんばっていきたいです」とニヤリ。「怪人だったり悪役ができるのは役者冥利につきるので、存分に楽しんでやりたいと思います。皆さんと一緒に一公演一公演作っていくので、白血球を倒しにいきましょう(笑)!」と呼びかけた。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る 2018年11月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。