手塚治虫原作舞台『悪魔と天使』開幕!観月ありさ、白石隼也らの身体を通して“生き方”問う

手塚治虫原作舞台『悪魔と天使』開幕!観月ありさ、白石隼也らの身体を通して“生き方”問う
011230.jpg

観月ありさ主演の舞台『悪魔と天使』が、2019年1月19日(土)より、神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 ホールにて開幕した。本作は、手塚治虫の生誕90周年を記念する作品。手塚の漫画「ダスト8」を原作とし、平成から年号が変わる時を舞台に、大事故から生還した乗客とある命題を担う事となった男女を巡る物語を描く。監修・脚本は佐藤幹夫、脚本・演出はモトイキシゲキが手がけた。


初日前日には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、観月のほか、白石隼也、野村宏伸、黒川智花、鍵本輝(Lead)、中島早貴、黒田こらん、ぼんちおさむ、佐藤B作、高島礼子が登壇した。


手塚治虫原作舞台『悪魔と天使』開幕!観月ありさ、白石隼也らの身体を通して“生き方”問う
011230_5.jpg


【あらすじ】
大事故に巻き込まれた豪華列車。多くの死者が出る中、奇跡的に8人が生き残った。それは“生命(いのち)の山”という不思議な山にぶつかったはずみで山のかけら=生命の石が乗客達にふりかかったから。――死ぬ運命だったものが生き残ってしまったのだ。


8人と共に生き残った海江田沙月と岬慎吾は“天の声”により、8人から「生命の石」を取り返すことが出来たなら、二人の命は助けると約束され、8人の行方を追うこととなる。自分が生きるために誰かの生命を取らなければならない。それでも生き残りたいと強い意志を示す沙月と、どんな理由であれ殺人はいけないという慎吾。そして二人は動き始める・・・。


手塚治虫原作舞台『悪魔と天使』開幕!観月ありさ、白石隼也らの身体を通して“生き方”問う
011230_2.jpg


観月は本作の魅力について「生きるとか死ぬとか、人生を自分たちがどう生きていくのかをテーマにきちんと描かれている舞台なので、観てくださる方は楽しんでいただけるのではと思います」と語った。岬慎吾役の白石は、本作から「生きているということが素晴らしいことなんだ、と感じた」と言い、「日々生きるという意味を皆さんに届けていきたいです」とやや緊張した面持ち。


あわせて読みたい

観月ありさのプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「観月ありさ + CM」のおすすめ記事

「観月ありさ + CM」のおすすめ記事をもっと見る

「観月ありさ + Instagram」のおすすめ記事

「観月ありさ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「武井咲」のニュース

次に読みたい関連記事「武井咲」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月21日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 観月ありさ CM
  2. 観月ありさ Instagram
  3. 観月ありさ ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。