これぞ宝塚歌劇!初演OG&歴代トップが夢の競演『ベルサイユのばら45』ゲネプロレポート

これぞ宝塚歌劇!初演OG&歴代トップが夢の競演『ベルサイユのばら45』ゲネプロレポート
011282.jpg

宝塚歌劇の代表作『ベルサイユのばら』が1974年に初演されてから45年。時代を超えて観客を魅了し続けてきた作品の軌跡を、歌やトーク、名場面のダイジェストとともに振り返るスペシャルステージ『ベルサイユのばら45 ~45年の軌跡、そして未来へ~』が、2019年1月27日(日)に東京・東京国際フォーラム ホールCにて開幕した。


これぞ宝塚歌劇!初演OG&歴代トップが夢の競演『ベルサイユのばら45』ゲネプロレポート
011282_2.jpg


今回のステージでは、1974年の初演キャストから1990年代の上演キャストまで幅広い年代のキャストが日替わりで登場。さまざまな組み合わせでの思い出トークや、歴代トップスターによる歌などが楽しめる。


これぞ宝塚歌劇!初演OG&歴代トップが夢の競演『ベルサイユのばら45』ゲネプロレポート
011282_3.jpg


前日に行われたゲネプロでは、一幕のソング&トークコーナーに初風諄榛名由梨、汀夏子、安奈淳と、1970年代に“ベルばら”ブームを巻き起こした初演キャストたちが登場。扮装こそないものの、凛とした出で立ちと圧巻の歌声によって「愛の巡礼」や「ばらベルサイユ」などの名曲を蘇らせた。


脚本・演出の植田紳爾を交えたトークでは、思い出話に花が咲く。植田が「(周囲からの)期待がすごかっただけに出演者たちは危機感を抱えていました」と明かすと、そんな状況の中で舞台に立っていた榛名も「客席の3階から滝のごとく拍手が落ちてきて。鳥肌が立って、カツラの中で毛が立ちあがってました(笑)」と当時の感動を表現した。


また、植田は「気持ちが伝わっていく伝統がありますね。僕らが細かいことを言わなくてもキャストたちの方が分かっていたりしますので」と語り、宝塚歌劇団にとって『ベルサイユのばら』という作品がいかに特別な存在であるかを感じさせてくれた。


あわせて読みたい

エンタステージの記事をもっと見る 2019年1月29日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。