千秋楽で配信も決定!鉄道×アイドル=青春?舞台『レイルウェイ』レポート

千秋楽で配信も決定!鉄道×アイドル=青春?舞台『レイルウェイ』レポート
011436.jpg

千秋楽で配信も決定!鉄道×アイドル=青春?舞台『レイルウェイ...の画像はこちら >>

2019年2月22日(金)に東京・全労済ホール/スペース・ゼロにて舞台『レイルウェイ』が開幕した。本作は、劇団ホチキス主宰の米山和仁が書き下ろすオリジナル作品。廃線危機迫るローカル鉄道「関西(せきにし)電鉄」の駅員たちが繰り広げる、「鉄道×アイドル」コメディだ。初日前には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、出演者より鷲尾修斗遊馬晃祐、滝澤諒、佐藤信長、宇佐卓真が登壇した。


千秋楽で配信も決定!鉄道×アイドル=青春?舞台『レイルウェイ』レポート
011436_2.jpg


主人公は、関西(せきにし)電鉄に新入社員としてやってくる音無歌五郎(おとなしうたごろう)。演じる鷲尾は「稽古をしてきたものをそのまま舞台上で出せれば、自然と魅力的な作品になると思います。あとはやるだけ。ワクワクしています」と笑顔を見せていた。


見どころには「米山さんらしい脚本と演出」と挙げ、「昔ながらの笑いもあり、今時の笑いもあり、コメディ感がすごいです!」と語る。さらに「大人たちがずっとふざけている感じなので、そこも見どころかなと思います(笑)」と共演者をいじった。


千秋楽で配信も決定!鉄道×アイドル=青春?舞台『レイルウェイ』レポート
011436_3.jpg


遊馬が演じる朝霧涼平は、駅弁をこよなくキラキラ笑顔の“駅弁鉄”。遊馬はこれが初のオリジナル作品への出演となり、「キャラクターを掴むまでに時間がかかりました。アニメや漫画が原作としてある2.5次元作品では、前もって予習をすることができますが・・・」と、初挑戦ならではの悩みがあったという。しかし「迷っている時に、先輩方から『遊馬くんが楽しんだものが正解』と声をかけてもらい、気持ちが楽になり、稽古もどんどん楽しくなっていきました」とここまでの道のりを振り返った。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

鷲尾修斗のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鷲尾修斗」に関する記事

「鷲尾修斗」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鷲尾修斗」の記事

次に読みたい「鷲尾修斗」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク