成河、千葉哲也、章平――3人の俳優が生み出す緊迫感『BLUE/ORANGE』稽古場レポート

成河、千葉哲也、章平――3人の俳優が生み出す緊迫感『BLUE/ORANGE』稽古場レポート
011641.jpg

2019年3月29日(金)の開幕に向けて稽古が進む『BLUE/ORANGE』。2010年に初演され、出演していた成河が第18回読売演劇大賞秀男優賞を受賞するなどして評価された本作は、これが9年ぶりの再演となる。出演者は、前回も出演していた成河、千葉哲也が役を変え、新たに章平を迎えて上演。本番に向け、緊張感の高まる稽古場を取材した。


成河、千葉哲也、章平――3人の俳優が生み出す緊迫感『BLUE/ORANGE』稽古場レポート
011641_7.jpg


【あらすじ】
ロンドンの精神病院。境界性人格障害のために入院していたアフリカ系の青年クリストファー(章平)は、研修医ブルース(成河)による治療を終えて退院を迎えようとしている。しかしブルースには気がかりなことがあり、退院させるのは危険だと主張していた。上司のロバート医師(千葉)はそれに強く反対し、高圧的な態度で彼をなじる。納得のいかないブルースはクリスへの査定を続け、器に盛られたオレンジの色を問う。彼はそのオレンジを「青い」と答えた――。


成河、千葉哲也、章平――3人の俳優が生み出す緊迫感『BLUE/ORANGE』稽古場レポート
011641_9.jpg


取材日は、まずミーティングから始まった。『BLUE/ORANGE』の舞台は、精神病院の診察室。対面舞台となっている。台詞量が膨大なので、上演時間がどれくらいの長さになるか、試行錯誤。良いものになるよう、ギリギリまで挑戦し続ける姿勢を見せていた。


稽古は2幕からスタート。ここまで1幕に稽古を費やしてきたため「2幕をどんな展開にするのか、考えてきたプランを試してみたい」と、千葉は言った。


成河、千葉哲也、章平――3人の俳優が生み出す緊迫感『BLUE/ORANGE』稽古場レポート
011641_2.jpg


2幕の始まりは、ベテランの精神科医ロバート(千葉)と患者のクリストファー(章平)、探り合うような二人のシーンから。クリストファー役の章平は、千葉の出方を受け止めながら、感情の流れを確かめるように台詞を口にする。この場面に出演していない成河は、前のめりの姿勢で二人の応酬を見つめていた。


あわせて読みたい

千葉哲也のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「オレノグラフィティ」のニュース

次に読みたい関連記事「オレノグラフィティ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤永典」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤永典」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「水橋研二」のニュース

次に読みたい関連記事「水橋研二」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月26日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。