花村想太、生駒里奈らと共にしたディスグーニー5度目の航海『PHANTOM WORDS』振り返りレポート

花村想太、生駒里奈らと共にしたディスグーニー5度目の航海『PHANTOM WORDS』振り返りレポート
011686.jpg

2019年3月15日(金)から3月24日(日)まで東京・ヒューリックホール東京にて、DisGOONie Presents Vol.5『PHANTOM WORDS』が上演された。DisGOONie(ディスグーニー)とは、作家・演出家の西田大輔が「創ることは出逢うこと」をテーマに掲げ、仲間と共に作り上げる公演。その過程は“航海”と呼ばれている。


ディスグーニーにとって5度目の“航海”で描かれたのは、秦の始皇帝の死で乱れる世に立ち上がった、最期の言葉を知る女と、最初の国を創った二人の男の物語。本作は、西田が同じく作・演出を手掛ける人気シリーズ『RE-INCARNATION(リインカネーション)』よりも、ずっと前からあたためていたオリジナル作品だという。


今回集ったのは、主演の花村想太(Da-iCE)、そして、生駒里奈、鈴木勝吾、安西慎太郎、畠山遼、楠田亜衣奈、田中良子、長友光弘()、高橋良輔、松本ひなた(Candy Boy)、君沢ユウキ、村田洋二郎、萩野崇、山本涼介、谷口賢志。西田作品と初めて出逢う者から欠かせない者まで、演劇への熱い情熱を感じる面々が、その船に乗り込んだ。


花村想太、生駒里奈らと共にしたディスグーニー5度目の航海『PHANTOM WORDS』振り返りレポート
011686_2.jpg


【あらすじ】
紀元前210年、中国戦国時代の王朝・秦の王・始皇帝の死をきっかけに、秦は急激に弱体化した。「陳勝・呉広の乱」を皮切りに大陸の全土で反乱が起こり、再び群雄割拠の乱世に突入。その時、横暴だった秦帝国打倒のために、立ち上がった者たちの中に二人の男と一人の女がいた・・・。
一人は項羽。大陸の南、楚の名家項家の出身であり、祖父に名将軍と名高い項燕を持つ。楚には珍しい大男であり、武勇に秀でていた。もう一人は劉邦。沛という片田舎の百姓の家に生まれた酒と女が大好きなろくでなしで、家族からもごくつぶしと疎んじられていた。
そして、歴史の英傑であろう項羽と劉邦の二人が出逢った一人の天才軍師・雛罌粟(ひなげし)。雛罌粟は「出逢った人間の死期が分かる」という力を持っていた。
後に天下の覇権を賭けて、ぶつかる運命にある項羽と劉邦、そして一人の女軍師。
これは、秦の始皇帝亡きあと暴政を奮う「秦」を、両雄がともに力をあわせ滅ぼすまでの、始まりの物語――。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 生駒里奈 ドラマ
  2. 生駒里奈 映画
エンタステージの記事をもっと見る 2019年4月2日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「生駒里奈 + 映画」のおすすめ記事

「生駒里奈 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「生駒里奈 + ドラマ」のおすすめ記事

「生駒里奈 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「高山一実」のニュース

次に読みたい関連記事「高山一実」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。