演劇「ハイキュー!!」〝東京の陣〞大阪で開幕!永田崇人、近藤頌利らの念願“今までにない新しさ”をもって実現

そして、脚本・演出のウォーリー木下は、物語のテーマの一つに“約束”を掲げた。「今回、中心となる研磨と黒尾には、烏野にはなかった“幼馴染”という関係性があります。子どもの頃から一緒に過ごす中で生まれた“約束”が全編に描かれているので、今までの演劇ハイキュー!!にはなかった新しい切り口で、物語を楽しんでもらえるのではないでしょうか」と語る。


また「結果として、映像も照明も振付も音楽も、全部を刷新しました。これまでを見てくださっていた人にも、まだまだこの作品は進化できるんだと思ってもらえるんじゃないかなと思います」とコメント。これまでは物語の舞台は“宮城”だったが、本作はタイトルにもあるように“東京”が舞台。強豪校がひしめくため、レベルの高い、熱い試合が次々と繰り広げられる。演劇「ハイキュー!!」を構成する要素の中で、重要な位置を占める和田俊輔の音楽にはHIPHOPが取り入れられている。それが、今までの演劇「ハイキュー!!」にはなかったセンシティブさや鋭さを全体に持たせ、緊張感のある新しい空気を生み出していた。ちなみに、衣裳では音駒のセカンドユニホームが初登場。

次に読みたい関連記事「丸山敦史」のニュース

演劇「ハイキュー!!」〝東京の陣〞大阪で開幕!永田崇人、近藤頌利らの念願“今までにない新しさ”をもって実現
011712_2.jpg


音駒の面々は、これまで烏野の“対比”として描かれることが多かった。しかし、今回は対比としてではない、彼らの物語だ。一人一人のキャラクターが持つパーソナルな部分が、浮き彫りになっていく。


人間には、親しい間柄だからこそ見せられる顔がある。本作の主軸を担う一人である孤爪研磨は、何事にもクールで淡々としているように見えるが、音駒の内側から見てみると、捉え方が変わって見えた。演じる永田は、想像の範疇にしかなかった部分にまで血液を送り、酸素を回し、立ち上げる。消して派手な立ち回りをする人物ではないが、静かなる炎を冷静に、かつ、丁寧に燃やしている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 永田崇人 Instagram
  2. 永田崇人 ジャニーズ
  3. 永田崇人 中村倫也
永田崇人のプロフィールを見る
エンタステージの記事をもっと見る 2019年4月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「永田崇人 + ジャニーズ」のおすすめ記事

「永田崇人 + ジャニーズ」のおすすめ記事をもっと見る

「永田崇人 + Instagram」のおすすめ記事

「永田崇人 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。