古川雄大「夢を携え新時代の令和へ」大竹しのぶ&生田絵梨花ら菊田一夫演劇賞で喜び語る

古川雄大「夢を携え新時代の令和へ」大竹しのぶ&生田絵梨花ら菊田一夫演劇賞で喜び語る
011899.jpg

第44回菊田一夫演劇賞の授賞式が、2019年4月26日(金)に都内にて行われ、大賞を受賞した大竹しのぶ、演劇賞を受賞した橋爪功、若村麻由美、古川雄大生田絵梨花、特別賞を受賞した高田次郎が登壇した。


菊田一夫演劇賞とは、大衆演劇の舞台ですぐれた業績を示した作家や演出家、俳優、舞台美術家、照明、効果、音楽、振付、その他のスタッフなどに贈られる賞で、1975年度より過去43回に渡り、数多くの芸術家らが表彰されている。


古川雄大「夢を携え新時代の令和へ」大竹しのぶ&生田絵梨花ら菊田一夫演劇賞で喜び語る
011899_2.jpg


大賞に輝いた大竹は、舞台『ピアフ』のエディット・ピアフ役の演技に対しての受賞。「素晴らしい賞をいただき感動しています。『ピアフ』という作品に出会い、演出家の栗山民也さんやスタッフ、共演者たちとともに作り上げたこと、多くのお客様に喜んでいただけたこと。そして、私の心に残る素晴らしい賞をいただけたことに感謝しています」と喜びを語った。


20歳の時に日生劇場で初舞台を踏んだ大竹は「当時は稽古が楽しくて、初日の幕が開くときもワクワクして。舞台に立つことはこんなに楽しいものなんだ!と感じた気持ちは、41年経った今でも続いています」と、舞台人として歩んできた道を笑顔で振り返る。


また大竹は、ある日の『ピアフ』のカーテンコールで、客席後方より舞台へ駆け寄ってきた中年女性から“もう一度「愛の賛歌」を歌ってほしい”と泣きながら言われたエピソードを披露。「そこでもう一度『愛の賛歌』を歌い、観客の皆さんと一緒に『水に流して』を歌ったカーテンコールが忘れられません。演劇というものは一瞬かもしれないけど、人の心に光を当てることができるのだと感じ、演劇をやってきてよかったなと思いました。ピアフの言葉に“歌は自分の肉体であり精神であり魂である”というものがありますが、私も魂を込めて演じていきます」と、感慨深い表情を見せつつ締めくくった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エンタステージの記事をもっと見る 2019年4月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「レイフ・ファインズ」のニュース

次に読みたい関連記事「レイフ・ファインズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤流司」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤流司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柿澤勇人」のニュース

次に読みたい関連記事「柿澤勇人」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。